ホーム >特別企画

特別企画


患者・利用者の家族支援や介護スタッフの教育に!

3-4月特集

高齢者のエンドオブライフケア
考え方と実践

エンドオブライフケアの考え方について分かりやすく解説、
実践に必要な知識・スキルも紹介します。

 
3・4月号より新連載

介護施設における看取り教育の進め方

介護職への指導ポイントも解説!

 
7・8月特集

グリーフケアの実践力を高める!

家族や職員に対するグリーフケアの実践に必要な
知識・技術を解説します。

  
など現場での取り組みを紹介!  
 

特集予定をみる 連載予定をみる




尊厳と健康を守る教育、ケア向上の体制づくり!

7-8月特集

「いつもとちょっと違う」に気づく!
慢性疾患を悪化させない
日常的ケアと記録のポイント

高齢者の慢性疾患は少しずつ進行していくため変化に気づきにくいものです。そのため慢性疾患のリスクを知りアセスメントとそれに沿った観察は極めて重要です。高齢者によく見られる慢性疾患別に注意すべき観察、記録のポイントを紹介します。

 
3-4月特集

医療的ケア指導「何か変だな」に
気づく視点の育て方

介護職が実施可能な医療行為(医療的ケア)が広がるなかで、介護職を育てる立場の人が、介護職に「何か変だな」と利用者の体調変化に気づけるようになるための指導・教育について、事例を通じて分かりやすく解説します。

 
5-6月号特集

ストレス軽減に向けた効果的なサポートを!
介護スタッフの
「メンタルヘルス不調ゼロ」大作戦!

介護現場では、介護スタッフが人間関係に悩み、ストレスで離職したり、利用者に虐待したりするケースが少なからず見受けられます。そのような事態を防止するための介護スタッフへのメンタルヘルス対策の理論と取り組みを紹介します。

 

など現場での取り組みを紹介!  
 

特集予定をみる 連載予定をみる



介護保険外の知識を身につけ最適な支援を提供する

6-7月特集

いつ? どんな支援が必要か?
医療との連携がポイント!

難病・看取りのケースに
ケアマネジャーがすべき事

 ALS・パーキンソン病などの難病のケースは、緩やかな経過をたどるため、長期的な支援が必要です。一方ターミナルのケースにおいては、限られた時間の中で質の高い支援が求められます。いずれのケースにおいても経過に応じた支援が必要になります。本特集では経過に応じた支援のポイントについて解説します。

 
6-7月号より新連載

医療機関・医療職との連携がうまく行く!
連携の“お作法”

 
など現場での取り組みを紹介!  
 

特集予定をみる 連載予定をみる

内外の連携を強化し、地域に根ざした施設・事業所づくり

5月特集

利用者退院!
医療依存度の高い人の
施設ケアプラン事例集

施設入居者の要介護度が高まるにつれ入院するケースが多くなってきた。しかしながら退院後は医療依存度が高く、施設での対応が難しくなることも…退院後の医療ニーズの高い利用者のケアプランを紹介!

 
8月特集

困難ケース解決最前線!
精神疾患を抱える利用者の
アセスメントとケアプラン
立案のポイント

 
8月特集

精神疾患を抱える利用者の
ケアプラン事例集

 
など現場での取り組みを紹介!  
 

特集予定をみる 連載予定をみる





 





日総研グループ Copyright (C) 2003-2010 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671