ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【大阪 13681-14】
 まず何を見るか、注意すべき点が分かる。
 重篤な症状に慌てず的確に対応できる

指導講師

 
 
中川 聡
 国立成育医療研究センター病院
 
教育研修部 教育研修室長

 1984年東北大学医学部卒業。小児救急・集中治療領域の第一線で活躍し、日本小児集中治療研究会(JSPICC)、日本小児救急医学会などでも要職を務める。豊富な臨床経験とそこから裏づけされた内容、ポイントを押さえた講義展開は好評。看護師として必要な知識・判断・手技、家族への対応のあり方を説いている。
開催日程
大阪地区
2017年10月28日(土)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
参加料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌25誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数11人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

小児患者の特徴や見逃せない症候を把握!
要点が絞られていて、とても分かりやすかった。
事例で臨床現場を思い浮かべ学習できた。
観察ポイントやケアの留意点が明確になった。
ねらい
 小児救急は、ほとんどが救急治療を必要としない軽症の患者ですが、本来の救急医療を必要としている重篤な患者を見逃さないことが非常に重要です。救急外来だけでなく、病棟でも遭遇する可能性の高い「呼吸困難」「意識障害」「痙攣」「ショック」などの重篤な症状に慌てず的確に対応できる力を身に付けます。小児患者の特徴や見逃せない症候を把握し、臨床の場面ですぐ応用できる医学的知識をこのセミナーで学習しましょう。

外来・病棟ですぐ応用できる
緊急時に必要な知識・判断力を!


プログラム

1.覚えておきたい基礎知識
  呼吸器系の特徴/循環器系の特徴/神経系の特徴
  体液・水分電解質

2.一次救命処置
  小児/新生児/異物の除去

3.二次救命処置の基礎知識
  気道確保・酸素療法/薬物療法/輸液療法/輸液路確保
  ショックの治療/モニター/人工呼吸管理

4.重要な症候・症状別対応
  呼吸困難/呼吸不全/ショック/痙攣
  意識障害/上気道閉塞/喘息 ほか

5.まとめ・質疑応答


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。nagoya@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (052)569-5628におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「小児救急・集中治療の基礎と判断・ケアのポイント」

 大阪地区: 
2017年10月28日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671