ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 13710-19】【大阪 13710-20】【名古屋 13710-21】
 演習で、知識だけじゃない”実践で光るナース”を育てる!
 気づかない、気づこうとしない要因・対処・指導法

指導講師

 
 
濱 保久
 北星学園大学 副学長
 心理・応用コミュニケーション学科 教授

 大学教授としての活動以外に、看護学校講師、北海道看護協会ファーストレベルや、旭川医科大学病院や札幌医科大学附属病院などの看護管理者研修、日総研のリーダーシップセミナーでも講師として活躍。心理コミュニケーションの専門家として「コミュニケーションにおける気づき」を分析している。
開催日程
大 阪地区
2017年7月24日(月)10:00〜16:00 平日開催
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

東 京地区
2017年8月25日(金)10:00〜16:00 平日開催
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

名古屋地区
2017年8月28日(月)10:00〜16:00 平日開催
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
参加料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌25誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数16人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

講義が上手い! 現場で使える!! 好評の声
相手の立場になって先を読むこと、その伝え方がわかった。
気づきのある事例・ない事例が現場指導でそのまま使えそう!
講義は面白い!わかりやすい! 何度でも聞きたい講義だった。

“気づける看護”を実践する
「先を読み」「なりきる」コミュニケーション術
ねらい
 今どきの若者、ゆとり教育世代が気づこうとする気持ちになり、人とモノに対する気づき力が向上するきっかけを提示します。また、気づかない理由別の対処・指導方法や職場で気づき力をUPさせる取り組みについても紹介します。「気づきを促す」プロから楽しく学べます。


プログラム

1.現場を悩ます「気づき力低下」の実態と
  気づきの看護実践

 1)「気づき」が欠落している現状のなぜ
 2)モノに対する気づきは改善が困難
 3)人に対する気づきはきっかけで一変する
 4)相手の発話の行間、その意図、状況に思いを巡らせる

2.要因と根拠を正しく把握! 気づかない人達のなぜ?
 1)慣れによって「気づく」感性が低下したケース
 2)一歩先が想像できず、十分な対応ができないケース
 3)言葉や言動の「裏」にあるものに気づけないケース
 4)自分の行為の結果(相手の反応)に思いが及ばないケース
 5)狭い人間観・価値観で判断・行動するケース ほか

3.気づき力、その解決・改善策と現場での育み方
 1)視点を変えるコツ
 2)相手の行動はよく気づく反面教師
 3)先を読む習慣をつける
 4)なりきる力を付ける
 5)人間観察力を身につける
 6)裏を読む力を身につける 
 7)気持ちにゆとりを持ち一流のプロを目指す

4.【演習】新人・後輩の
  「気づき指導」に使える教材を見つける!
 
現場での気づきを促す方法・ツールを持ち帰る

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「気づき力UPの取り組み 看護現場で育てる方法」

 大 阪地区: 
2017年7月24日(月) お申込はこちら

 東 京地区: 
2017年8月25日(金) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2017年8月28日(月) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671