ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【名古屋 13725-21】
 よくある事例で学ぶからすぐ活用できる!

 現場から寄せられた疑問への明解な回答が好評!
 「Q&A(34頁)」収録のテキストは、充実の128頁。

指導講師

 
 
川野佐由里
 久留米大学病院 看護部 看護師長
 感染管理認定看護師


 1991年4月久留米大学病院就職後、小児外科2年、総合周産期母子医療センター新生児部門など新生児看護歴16年を経て、2008年6月日本看護協会感染管理認定看護師取得。インフェクションコントロールチームの一員として院内感染管理に従事し現職。新生児・小児看護経験を活かした感染対策の講義は、具体的で分かりやすいと大好評。
開催日程
名古屋地区
2017年9月9日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
参加料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・定期刊行物25誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数16人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
現場を知り尽くした講師だからこその解説だった。
新生児に絞った話だったので
 今までの悩みが解決して良かった。

本を読んでも分からなかった事が理解できた。

今まではっきりしなかった感染対策が分かる
教科書では学べない具体的なケア

プログラム

1.新生児感染対策の基礎知識
 
1)感染のメカニズム
 2)新生児・小児の特徴と感染対策

2.問題となる主な微生物の理解
 1)ウイルス感染
   麻疹、水痘、風疹、流行性耳下腺炎、RSウイルス、
   インフルエンザ、サイトメガロウイルス、HTLV-1
 2)細菌感染
   百日咳、MRSA、真菌、緑膿菌

3.感染予防の具体策
 1)スタンダードプリコーション
 2)環境整備
  (1)ベッド周り・保育器の環境整備
  (2)トイレ・手洗い場・沐浴槽の管理
  (3)母乳・調乳の取り扱い
  (哺乳びん・乳首・おしゃぶり・経管栄養器材・ミルクウォーマーの管理)
 3)輸液管理
   薬液の管理、確保時の固定、ラインの管理、観察のポイント
 4)人工呼吸器の管理
   気管チューブの固定、吸引チューブ・呼吸器回路の取り扱い、
   加湿管理、観察のポイント
 5)スキンケア
   清拭時の注意点、創傷ケア時の感染対策、皮膚観察のポイント
 6)感染経路別予防策の実際
 7)監視培養
 8)面会者・家族への教育

4.事例で学ぶこんな時の感染対策
  おしゃぶりを介したと考えられる
   鵞口瘡(カンジダ感染)のアウトブレイク
  ●カンジダ皮膚感染症のケア
  ●持ち込みMRSAをきっかけとしたMRSAアウトブレイク後の対策
  ●インフルエンザを発症した家族から
   患者・職員の疑似感染発症後の対策 ほか



☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「即実践! 新生児・小児領域の感染対策と予防技術」

 名古屋地区: 
2017年9月9日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671