ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【福岡 13734-4】
 【実習】講師の実演で習得する

指導講師
 佐賀大学医学部附属病院 

  酒井宏子
皮膚・排泄ケア認定看護師


  水之江鈴子
皮膚・排泄ケア認定看護師
 

【酒井氏】創傷ケアを主に実践し、実践能力を高めるため、2016年3月創傷管理領域の特定行為研修を修了しました。慢性創傷をもつ患者さんの個々に応じた療養環境を調整しながら、「壊死組織の除去」「陰圧閉鎖療法」等の特定行為を実践し、患者さんのQOL向上を目指しています。
【水之江氏】褥瘡管理に従事しています。チームメンバーと協力し、院内の褥瘡発生予防と改善のために取り組んでいます。活動を通して大切にしていることは、「根拠に基づいたケア」です。
開催日程
福岡地区
2017年7月1日(土)10:00〜17:00
会 場
福岡センタービル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数13人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
身に付く3つの力
(1) 豊富な症例を交えて分かりやすく学び
「根拠に基づいた褥瘡ケアの知識」が身に付く。

(2) 評価が難しいDESIGNーRなどの褥瘡評価ツールを、症例検討実習で学び
「的確にアセスメントできる力」が身に付く。

(3) 講師の実演でドレッシング材の貼り方から陰圧閉鎖療法まで学び
「現場ですぐに活用できるケアテクニック」が身に付く。


プログラム

1.褥瘡発生のメカニズムとDESIGN−R症例検討実習
 1)褥瘡の発生機序
 2)褥瘡発生の関連要因
 3)褥瘡の分類
 4)DESIGN-Rを正確に評価するアセスメントの視点
   〜症例を用いて実際に評価しながら解説!

2.創傷治癒過程の理解とステージに応じた治療の理解
 1)創傷治癒のメカニズム
   炎症期の管理ポイント(感染・乾燥・血行障害の対策)
   増殖期の管理ポイント(湿潤環境と創の温度管理)
   成熟期の管理ポイント(創面の保護・保湿)
 2)褥瘡に使用する外用薬やドレッシング材
   〜どの時期にどのような外用薬や
    ドレッシング材を使用するかと使用する際のポイント

3.褥瘡予防のための栄養管理とスキンケア
 1)栄養管理
   褥瘡ケアに必要な栄養アセスメント
   褥瘡ケアに必要な栄養療法の実際
 2)スキンケア
   皮膚のバリア機能
   ドライスキン・浸軟の予防など
   意外と知らないオムツと褥瘡の深い関係
   テープによるスキントラブルの予防法

4.褥瘡リスクアセスメントと体圧分散寝具
 1)リスクアセスメントスケール
   ブレーデンスケール、K式スケール、
    在宅版K式スケール、OHスケール
 2)体圧分散寝具
   体圧分散寝具の分類・機能
   選択基準
   ポジショニング
    (臥位・座位の違い、ギャッヂアップと背抜き)

5.褥瘡の最新治療
 1)陰圧閉鎖療法の効果・適応・禁忌
 2)陰圧閉鎖療法のテクニック
 
実習
講師の実演によるテクニック習得
 (1)オムツのあて方のコツ
 (2)肛門パウチングの実際
 (3)テープの貼り方剥がし方
 (4)陰圧閉鎖療法

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「皮膚・創の状態に合わせた根拠ある褥瘡ケアテクニック」

 福岡地区: 
2017年7月1日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671