ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 13786-37】【大阪 13786-38】【名古屋 13786-39】
 教科書では決して学べない臨床知から学ぶ
 ICU経験3年未満の方とその指導者対象

指導講師

 
 
尾野敏明
 杏林大学医学部付属病院
 
集中ケア認定看護師
 集中ケア認定看護師教育課程 主任教員
 専門雑誌『重症集中ケア』副編集顧問

 1986年神奈川県立こども医療センター、1989年に大分医科大学医学部附属病院ICU勤務。2001年に重症集中ケア認定看護師を取得し、2003年日本看護協会看護研修学校重症集中ケア学科専任教員となる。2005年から大分大学医学部附属病院に戻り、ICU副看護師長、2009年4月から杏林大学医学部付属病院に勤務し、集中ケア認定看護師教育課程で主任教員を務める。
開催日程
東 京地区
2017年10月7日(土)10:00〜16:30
会 場
フォーラムミカサ エコ
お申込はこちら

大 阪地区
2017年10月21日(土)10:00〜16:30
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

名古屋地区
2017年11月18日(土)10:00〜16:30
会 場
IMYビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数20人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

いま必要ない知識は削ぎ落として、
ポイントとエビデンスのみを抽出!
特 色
ベストケアを目指すのではなく、要点のみを抽出!
ポイントを厳選した結果できた時間で、
エビデンスもしっかり伝授!

解説や例えの分かりやすさに太鼓判の講師

プログラム

1.生体侵襲反応
  SIRSとは
  恒常性を維持する3つの反応
  セカンドアタックセオリーとは

2.循環アセスメントとショック
  循環は前負荷、後負荷、心収縮力の3点からアセスメント
  一口にショックと言っても、機序が違えば対応も異なる
  輸液の種類と体液区分

3.呼吸アセスメントと人工呼吸中のケア
  基本は呼吸生理の理解から
  低酸素血症の原因を考えよう
  血液ガスの見方
  酸素療法の流量とは?
  X-Pからケアに活かせる情報は多い

4.DICの見方
  まず止血の機序を知ることが大事
  凝固系と線溶系のバランスを考えよう

5.鎮痛・鎮静・せん妄管理
  鎮痛・鎮静スケールをうまく使おう
  せん妄は要因を把握することから始まる

6.代謝・栄養管理
  エネルギー必要量を知ろう
  安静時代謝量と基礎代謝量の違い

7.体温管理
  発熱のメカニズムを知ろう
  発熱=クーリングではない

8.質疑応答


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
【初級】ICU・CCU看護

 東 京地区: 
2017年10月7日(土) お申込はこちら

 大 阪地区: 
2017年10月21日(土) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2017年11月18日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

関連商品のご案内
 
改訂増強版
ICU3年目ナースの
ノート

A4変型判 オールカラー 264頁
定価3,200円+税
詳しい内容はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671