ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【福岡 13790-13】
 悩みや課題を事例にグループワークで問題解決を実体験!
 あなたの魅力に気付き、あなた流の等身大の
 コミュニケーション術を指南します!

指導講師

 
 松月みどり
 愛知医科大学 看護学部 教授

 2006年より公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院(大阪市北区、707床、看護体系〈一般7:1、精神科15:1〉)の看護部長としてさまざまな改革に取り組む。「自分でデザインする勤務体制」「専任新人看護師教育担当の育成」「卒後臨床看護師制度導入」「役職者任期制」「個性を尊重する自由なユニフォーム」などがあり、その豊かな発想力と実行力で看護部の可能性を広げた。2011年4月からは公益社団法人日本看護協会の常任理事を務め、2015年7月から現職。
開催日程
福岡地区
2017年6月24日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室(第7岡部ビル)
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数16人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
問題解決能力というキーワードに惹かれた。
主任の役割、立ち位置が分かった。
グループワークで具体的な分析方法が分かった。
ねらい
 じっくり考えることを大切にして、本当に解決したい問題は何かを見つけ、それを解決するための実体験をしていただきます。人材、職場環境、患者のことなど絡み合った問題をほぐし、解決の糸口を見つけやすくするための方法を学びます。また、考え方も生き方も違うスタッフ一人ひとりを動かしていくこと、自分を磨いていくことのモチベーションを高めるための工夫もお伝えいたします。

主任・副師長の役割とは?もやもやを掘り下げる
問題解決の糸口の見つけ方がうまくなる!


プログラム

1.主任・副師長はツライだけですか?
  主任・副師長が必要な理由
  スタッフから期待されること、師長から期待されること
  管理職としての「不安」や「怖れ」にどう向き合うか

2.今の自分を正しく評価してみましょう
  自分のことをどれだけ知っているか?
  自分の長所を生かした主任・副師長としての仕事術
   (私の実体験を含めて)

3.主任・副師長が身につけるトラブル解決力
  スタッフとのこと
  師長とのこと
  患者さんとのこと
  医師とのこと

4.問題解決に有効な手段と方法
  物事を「枠」でとらえてみる
  発生した順番に問題を片付けない方がよい時もある
  「待つ」ことの意味とメリット

5.魅力的な管理者が身につけている能力
  引き受ける力、包容力のある人間性を磨くには
  ユーモアのセンス、緊張を和らげ人間関係をスムーズにするためには
  説得力と場を掌握する迫力を身につけるには
  自分の考えの上に立った上で、ほかの意見を取り入れるためには

6.【グループワークで実体験】
  臨床の日常にありがちな問題を事例に、何が問題でどう解決すれば
  よいのかをツールを活用してグループで考えます。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「主任・副師長の考える力と問題解決技法の磨き方」

 福岡地区: 
2017年6月24日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671