ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 13864-12】
 動画・画像で治療とケアの根拠がよくわかる!
 患者の生活サポートに必要な観察点!

指導講師

 
医学博士 鈴木元彦
名古屋市立大学 耳鼻咽喉科 准教授/診療科副部長

 愛知県内の病院勤務を経て、名古屋市立大学病院耳鼻咽喉科で勤務。2005年から2008年までカナダのUniversity of Western Ontarioへ留学後、現職。看護研修会では、丁寧な説明と、分かりやすい解説で人気の講師。
開催日程
東京地区
2017年3月26日(日)10:00〜16:30
会 場
フォーラムミカサ エコ
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977


※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,500円 会員:16,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
本では想像しにくい解剖・病態・治療がよく理解できた。
症状から病名に結びつく講義内容が分かりやすかった。
OPEや画像診断の映像・解説が実践的だった。

特有の観察点やケア・援助の方法、検査結果の見方を!
ねらい
 耳鼻咽喉科領域の看護に特有の観察点やケア・援助の方法、検査結果の見方、大切なポイントを学ぶ。咽頭全摘手術後などにおける、患者の日常生活への不安に対するサポートに必要な知識も習得する。

プログラム

1.耳疾患
 1)症状と解剖・病態生理
   耳痛、耳漏、難聴、耳鳴、耳閉感、めまい、顔面神経痛 ほか
 2)耳疾患の術前後の管理
 3)主な耳疾患の理解と術式・病態生理の概要
 4)聴力検査の実際と評価

   音叉による検査(Weber)
   オージオメーター(気道聴力検査、骨導聴力検査)
   語音聴力検査
   インピーダンス・オージオメトリー
    (ティンパノメトリー、耳小骨筋反射)
   聴性脳幹反応
 5)主な疾患に対する一般的な処置方法とその根拠
   外耳疾患
    耳垢栓塞/外耳道異物/外耳道炎/外耳道湿疹/耳帯状疱疹 ほか
   内耳疾患
    急性中耳炎/滲出性中耳炎/慢性穿孔性中耳炎 ほか
 6)術前後の観察・ケアポイント
 7)術後の管理

   耳漏、難聴、耳鳴り、めまい(眩暈症)などへの対応
 8)耳手術用クリティカルパス(患者・医療者用)

2.鼻疾患
 1)主な鼻疾患と症状
   鼻閉、鼻汁、くしゃみ、鼻出血、後鼻漏、頭痛・頭重感、嗅覚障害 ほか
 2)主な鼻疾患の術式・病態生理の概要
 3)鼻出血への対応―鼻出血の原因疾患
 4)アレルギー性鼻炎・花粉症
 5)主な疾患に対する一般的な処置方法とその根拠
 6)内視鏡下手術
 7)術前後の観察・ケアポイント
 8)術後の合併症予防とケア
 9)副鼻腔手術用クリティカルパス(患者・医療者用)

3.喉・口腔疾患
 1)扁桃摘出術前後の管理
   疾患と病態生理の概要
   合併症防止の要点 
   疾患に対する一般的な処置方法とその根拠
 2)咽頭全摘出術前後の管理
   疾患と病態生理の概要
   疾患に対する一般的な処置方法とその根拠
   観察・投薬前後のケアポイント ほか
 3)気管切開の術前・術後の管理と観察の留意点
   日常ケアのポイント ほか
 4)クリティカルパス(患者・医療者用)

4.耳鼻咽喉科領域の事故防止対策シート ほか


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
耳鼻咽喉科領域で特有の看護・治療・検査・手術の
【疾患別】重要ポイント学習

 東京地区: 
2017年3月26日(日)  
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977


※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671