ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【福岡(1日目) 14138-13】【福岡(2日目) 14138-14】
 2日間 少人数での体験トレーニング!(定員36名)
 極限まで妥協しない! 基本・手技の着眼点を伝授

指導講師

 
 
吉村 兼
 神戸大学医学部附属病院 光学医療診療部
 
臨床工学技士・消化器内視鏡技師

 1999年神戸大学医学部附属病院入職。現在に至るまで、内視鏡業務に一貫して従事し、検査・処置介助、スコープ・内視鏡システム・周辺機器の保守管理などの業務を、臨床工学の知をフル活用して行っている。
開催日程
福岡地区
【1日目】2018年4月7日(土)10:00〜17:00
【2日目】2018年4月8日(日9:30〜16:30
会 場
福岡商工会議所
お申込はこちら
受講料
両日参加 一般:35,000円 会員:32,000円
いずれか1日参加 一般:20,000円 会員:17,000円
 
(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数20人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
参加者の声
Sの圧迫がうまくいけば大成功というと、私にもできそうな気がします。
実際に、豚シートやムコアップ等を使って、半日かけて実習できたのが良かったです。

特 色
用手圧迫と、豚の臓器での
点墨・局注・通電操作を体験して学ぶ


業務マニュアルにはない、
根拠に裏付けされた技術を身につける

ねらい
 大腸内視鏡挿入時の用手圧迫や、点墨、EMRの際の局注・絞扼操作といった内視鏡介助で求められる手技のコツを、講義と体験トレーニングで指導。用手圧迫では、実際に介助者・被検者となって圧迫の実践と体感をします。EMRでは、豚の臓器を使用した局注と通電を体験。講師の介助手技の極意を実感し、明日からの実務に生かせます。




プログラム





臨床工学の着眼点で差が出る
大腸腹部用手圧迫の極み


講義
(午前)

1.実は スコープ選定から
  腹部用手圧迫が始まっている!?
挿入テクニックを知っているからデキる
  介助者の“オモテナシ”
介助者目線で極限まで妥協しない
  腹部用手圧迫のコツとPitfall

ハンズオン・トレーニング(午後)
腹部用手圧迫
大腸モデルと、介助者・被検者となって精度と手応えを体感する
a.挿入前だから決められないのではない! 圧迫初回のクリティカル!!
b.本当は教えたくない腹部圧迫の軌道とトレースの極意
c.腹部圧迫中の体位変換時の無作法…ダメ、絶対!!
d.途中参戦でも「失敗しない」ために狙いたい腹部圧迫の介助戦略
e.術創から想定される癒着、規格外の体格(肥満)でも
  結果を出すための秘策





通電に同調させたいスネアの絞扼操作の極み

講義
(午前)

1.苦手意識を克服するために知っておきたい
  電気手術器の心得
ESD、Polypectomyで使用する
  デバイスの選定に問われるセンス
極限まで妥協しないスネアの絞扼操作のコツとPitfall

ハンズオン・トレーニング(午後)
豚の臓器を使った点墨・局注・通電
a.その穿刺は接線か? 垂直か?
  阿吽の呼吸に質が伴わないそのワケは!?
b.繊細なジャブショットで決めろ!!
  失敗しない局注 - コツとPitfall
c.電気手術器のモード(波形)の違いで異なる
  力技じゃない切れ味を体感
d.通電直前までの“お膳立て(仕込み)”で差が出る
  出力の立ち上がりの差を体感
e.通電に同調させたスネアの絞扼操作で
  凝固深度の再現性を狙ってみよう!!

技術協力:
(株)アムコ、ボストン・サイエンティフィック・ジャパン(株)、(株)トップ


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「大腸内視鏡の腹部用手圧迫&EMRの局注・通電手技」

 福岡地区
【1日目】2018年4月7日(土)
【2日目】2018年4月8日(日
お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671