ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 14261-6】【大阪 14261-7】
 正常と異常の判断を見極め、適切な観察とケアにつなげる

指導講師

 
 
峰 博子
 大阪市立総合医療センター
 総合周産期母子医療センター

 
母性看護専門看護師/助産師

 1989年に助産師免許を取得。総合病院で勤務後、小規模病院や個人病院の産婦人科に勤務。地域保健行政や看護研究など、産科の臨床で役に立つと思ったことの学びを深めながら、保健師免許や母性看護専門看護師認定を取得。近年は、地域周産期センターに転職し、母性看護専門看護師兼病棟師長として勤務。2015年より現職、総合周産期母子医療センターで母性看護専門看護師として、医療・社会的リスクのより高い方を対象に、“どうすれば患者・家族がより良い状態で育児していけるか?”について、日々悩みながら、外来で勤務中。
開催日程
東京地区
2017年6月10日(土)10:00〜16:30
会 場
LMJ東京研修センター
お申込はこちら

大阪地区
2017年7月22日(土)10:00〜16:30
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 産科特有の症状の変化を見逃さず、異常徴候を早期発見するために必要な、正常・異常を見極めるポイントについて、助産師・看護師だからできる「適切なケア」を実践的に学習します。また、事例を通して迅速かつ的確なドクターコールにつながる観察力を深め、さらに、限られた条件(環境)の中で行うフィジカルアセスメントのコツを身に付けます。

さまざまな事例を基に
普段の状況と結び付けながら実践的に学ぶ!


プログラム

1.循環・呼吸・脳神経・代謝系のフィジカルアセスメント
 1)フィジカルアセスメントに必要な
   循環・呼吸・脳神経・代謝系の解剖生理学
 2)妊娠に伴う循環・呼吸・脳神経・代謝系に関する
   母体の生理学的変化
 3)妊娠・分娩・産褥期に起こりやすい
   循環・呼吸・脳神経系の異常と観察点

2.【事例で深める】妊産婦のフィジカルアセスメント
  〜助産師・看護師が判断、対応できる症状・状態と
   医師に報告、依頼すべき症状・状態

 1)妊娠、分娩による生理的変化と潜在的に疾患がある場合の判断
 2)マイナートラブルと気をつけるべき鑑別疾患、早産徴候などの鑑別
 3)切迫早産の妊婦〜外来通院中から長期入院中の見方
  (1)モニター、検査データなどから読み解く身体の状態とその判断
  (2)自覚症状(主訴)と観察した内容(所見)が一致しない時の対応
     〜どこまでを経過観察とすると良い?
  (3)子宮収縮の触診〜現場で役立つ外診・内診技術
 4)妊娠合併症(PIH・GDMなど)の妊婦
 5)なかなか進まない分娩の対応
   〜妊娠経過や分娩進行の一連のつながり

3.外来や病棟など限られた人数、短時間の中で
  フィジカルアセスメントをするコツ

4.まとめ・質疑応答

終了後、受講修了証明書を発行します。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
“異常・急変の早期発見”【事例で深める】
 産科特有のフィジカルアセスメント【受講修了証明書発行】

 東京地区: 
2017年6月10日(土) お申込はこちら

 大阪地区: 
2017年7月22日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671