ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14305-7】【東京 14305-8】【大阪 14305-9】
 待合室から始まる看護と評価、家族対応!
 ここが成人と違う! 変化の激しい子どもの体を理解

 東京地区 11月22日 【満席】 ※キャンセル待ちはこちら
  ※お席がご準備できましたら、担当者から開催1週間前にお電話をいたします。
  (ご参加は電話の繋がった方を優先させていただきます)
  なお、お席をご用意できなかった場合のご連絡は省かせていただきます。ご了承下さい。

  ※キャンセル待ちをお申込みの際に、文字化け など で送信できない場合や、
   弊社から自動送信メールが届かなかった場合は   
   お手数ですが、フリーダイヤル 0120-054977 におかけください。

指導講師

境野高資

 千葉西総合病院 救急診療部・麻酔科・小児科 医師
 国士舘大学大学院 救急システム研究科 非常勤講師

   2000年聖マリアンナ医科大学卒業。同大学病院救命救急・熱傷センターや国立成育医療研究センターなどで主にER診療・小児救急・総合診療に従事。新潟県中越地震医療救護班(2004年)やイラク難民キャンプ国際医療支援(2007年)などに参加。2013年客船の船医として世界一周の航海に出る。救急科専門医・小児科専門医・麻酔科標榜医・産業医・船医。会員制雑誌『救急看護ケア・アセスメントとトリアージ』(日総研出版)にて「クルーズ客船の救急医療」を連載。

【講師からのメッセージ】 主な対象者は、小児患者に苦手意識を持っている看護師、小児患者に接する機会の少ない救急の看護師、経験の少ない小児科の看護師などです。トリアージ、観察と評価、代表的な小児疾患の病態生理、急変時初期対応、外科的救急、搬送、虐待、家族対応などの基礎を学びます。明日から使える実践的な講義に加え、ワークショップや簡単な実習も取り入れることで、小児救急看護の質の向上と参加者相互の交流を図ります。
開催日程
東京地区
2017年11月22日(水)10:00〜17:00 平日開催
会 場
日総研 研修室

東京地区
2018年6月21日(木)10:00〜17:00 平日開催
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

大阪地区
2018年7月11日(水)10:00〜17:00 平日開催
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数18人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
参加者の声
職場で使える内容がほとんどだったので、大変参考になり学びになった。
小児の解剖、疾患など・・・とてもわかりやすく現場で活用しやすい内容だった。
テキストがまとまっていて、講師の話が興味深かった。楽しく勉強できた。
小児は症例数が少なく経験できないことが多いので、初療の勉強の仕方に困っていたが、
 詳しく教えていただいてイメージすることができた。
保育園勤務のため場違いかなと心配したが、
 有事の時の子どもへの対応のポイントが理解できた。

簡単な実習も取り入れ実践的に指導!

プログラム

1.小児救急医療体制の現状を知ろう

2.解剖・生理に基づいた小児患者の評価法
 1)すばやく気道・呼吸・循環の異常を見抜いて、
   緊急性の高い子どもを助けよう!
 2)子どもの意識レベル…自信を持って判断できますか?
 3)観察・評価のポイント、何を看て何を聞くか?

3.子どもでよく看る症状の評価と初期対応
  
  痙攣
  呼吸苦
  脱水
  意識が悪い
  血便
  発疹 ほか

4.小児救急トリアージ
  沢山の子どもが一度に来院(!?) さぁ、どうする?

5.特別なケアを要する子どもの救急対応
  気管切開
  人工呼吸器
  脳室シャント
  胃ろう
  新生児の搬送

6.子どもの外傷
 1)JPTECやJNTECでは詳しく教えてもらえない…
   子どもの外傷はどう評価したら良いの?
 2)目・耳・鼻・その他…あなたでもできる異物の対応法
 3)次の怪我を防ぐために…子どもの事故予防ができるナースになろう

7.児童虐待・家族対応
  ●本当に虐待を疑うことができていますか?


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「看護師が絶対に押さえておきたい小児救急
 初期対応と外傷のポイント」

 東京地区: 
2017年11月22日(水)

 東京地区: 
2018年6月21日(木) お申込はこちら

 大阪地区: 
2018年7月11日(水) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671