ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 14373-2】
 見えない血行動態が見えてくる!
 臨床も指導も経験豊かなナース講師だからこそ
 「あるある!」「なるほど」「やっとわかった!」

指導講師

 
 
小泉雅子
 東京女子医科大学 看護学部 准教授
 
急性・重症患者看護専門看護師

 東京女子医科大学看護短期大学卒業後、同大学病院に入職。心臓血管外科病棟・心臓カテーテル室・循環器内科・外科外来、心臓血管外科周術期の集中治療室勤務を経て、2006年同大学看護学研究科博士前期課程修了。2008年急性・重症患者看護専門看護師取得し、組織横断的に活動。2016年より現職。著書『心臓血管外科の術後管理と補助循環』(日総研出版)。
開催日程
東京地区
2017年1月28日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 初めて心外の患者さんの受け持つ方やその指導者の方の不安や疑問をスッキリ解消します。臨床も指導も経験豊かなナース講師が、厳選したポイントのみを根拠を踏まえてやさしく・繰り返し解説します。 講師が現場で日々感じて身に着けてきたからこその使える観察ポイントやスキルを惜しみなく伝授いたします。

根拠を踏まえてやさしく繰り返し指導!
術後合併症の兆しを察知する観察ポイントもしっかり!


プログラム

1.見えない血行動態が見えてくる!
  最近の心臓血管外科手術の動向は?
  備えが大切! 手術前のリスク評価
  ●心臓血管外科周術期のおおまかな流れをつかもう!
  バイタルサインやモニター指標は患者の声
  循環生理を血行動態アセスメントや看護に生かすには?

2.手術侵襲が見えると
  病時期に応じた最適なケアにつながる!

  火の粉が飛び散る!人工心肺が全身に及ぼす影響って?
  手術侵襲のアセスメントで回復レベルがわかる?
  そのケアが患者の回復を妨げている!?

3.術後急性期の新しい管理・看護とは!?
  数値では目に見えない循環管理って?
  自発呼吸に始まり自発呼吸に終わる呼吸管理って?
  PICSって何?
  鎮痛・鎮静・せん妄ケアはパッケージで考える?
  早期離床だけが早期リハビリテーションではない?
  廃用症候群ではないICU-AWって何?
  免疫機能を担う? 腸活に着目しよう!

4.術後合併症は微小な兆候を見逃さない!
  一致しない所見には重篤な合併症が潜んでいる?
  やっぱりフィジカルアセスメント!
  ボヤのうちに鎮火を目指す“ホウレンソウ”

5.臨床「あるある」から学ぶ看護のポイント
  血圧・SpO2低下&不整脈の出現!何を考え対応する?
  呼吸困難感や苦痛に対する全人的な看護とは?
  せん妄対応:安全と安楽の両立で葛藤する毎日…どうにかならない?
  手術前後の揺れる患者・家族に寄り添うケアは案外難しい?


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「看護の視点で学ぶ!
 心臓血管外科の術前・術後管理の厳選ポイント」

 東京地区: 
2017年1月28日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671