ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【岡山 14389-6】【福岡 14389-7】【東京 14389-8】
 満員・高収益への手順がわかる!

指導講師

 
 
三好貴之
 メディックプランニング 代表
 
経営コンサルタント/作業療法士
 経営学修士(MBA)
 一般社団法人Medicare Management協会
 代表理事

 専門は、病院・介護施設におけるリハビリテーション機能強化による経営戦略立案で、「人と業績を同時に伸ばす」をモットーに全国多数の病院・介護施設のコンサルティングを実践中。現場の管理者・スタッフとともに業務改善・人材育成を行うことで業績アップに導いている。特に近年は、リハビリテーション機能を強化したなかでの地域包括ケアモデルを提唱し、年間1000名を超える医師・看護師・PT・OT・介護士など病院・介護施設の管理者に対する指導とアドバイスを行っている。また、リハビリセラピストのリーダーシップやマネジメント等の管理者教育に力を注いでいる。
開催日程
岡山地区
2018年6月2日(土)10:00〜16:00
会 場
福武ジョリービル
お申込はこちら

福岡地区
2018年6月16日(土)10:00〜16:00
会 場
福岡商工会議所
開催中止

東京地区
2018年6月30日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

医療との連携強化に向けた
収益改善への取り組みと業務改善の具体策!


プログラム

1.同時改定を受けて高品質・高収益を目指し、
  通所リハが行うリニューアル項目とは

 通所リハ関連の報酬改定項目の解説と対応
 1時間単位で基本報酬が減算! 増収に転換するための対策とは
 要支援を短時間通所リハ(1〜2時間)で大幅収益増へ
 地域包括ケア病棟における自宅入院を増加させる通所リハの取り組み
 回復期リハ病棟がアウトカム評価向上のための
  通所リハ移行「在宅回復期」の考え方
 介護老人保健施設を強化型まで引き上げる通所リハの役割
 リハマネ加算におけるカンファからアセスメントまでの
  PDCAサイクルの回し方
 居宅訪問、リハビリ会議、医師の説明と同意を効率的に運用する方法とは
 社会参加支援加算算定に向けた地域資源との連携方法

2.通所リハを“高品質リハビリ施設”へ
  リニューアルするための業務改善方法

 利用者を動機づけ、目標設定を確実に実施するアセスメントの視点
 居宅訪問における評価のポイントはADL+「暮らしぶり」の評価
 すべてのプログラムを目的化し、意味のあるリハビリ提供に変える
 3カ月超えの「個別リハ」を「集団リハ」にクレームなく切り替える方法
 リハビリ主体を自宅へ移行する「ホームワーク」の実際
 短時間通所リハの運営モデルとリハビリ職の役割
 通所介護との連携強化により、卒業生を出す仕組みを作る社会参加支援加算


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「2018年同時改定後の通所リハの収益アップと
 高品質リハビリ施設へのリニューアル方法」

 岡山地区: 
2018年6月2日(土) お申込はこちら

 福岡地区: 
2018年6月16日(土)
開催中止

 東京地区: 
2018年6月30日(土) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671