ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【福岡 14410-8】
 ちょっとした気配り・心配りで組織・部署内を活性化

 福岡地区 11月3日 【満席】 ※キャンセル待ちはこちら
  ※お席がご準備できましたら、担当者から開催1週間前にお電話をいたします。
  (ご参加は電話の繋がった方を優先させていただきます)
  なお、お席をご用意できなかった場合のご連絡は省かせていただきます。ご了承下さい。

  ※キャンセル待ちをお申込みの際に、文字化け など で送信できない場合や、
   弊社から自動送信メールが届かなかった場合は   
   お手数ですが、フリーダイヤル 0120-054977 におかけください。

指導講師

 
 
高橋素子
 医療法人財団慈生会 野村病院 看護部
 副院長・看護部長/認定看護管理者


北九州市立高等看護学院卒業。北九州市立医療センター、済生会下関総合病院を経て、1985年三萩野病院に就職。教育師長を経て、2000年看護部長に就任。2015年12月に退職。2016年1月野村病院の看護部長に就任し、2017年4月より現職。2003年認定看護管理者の資格を取得。現在は、認定看護管理者教育ファーストレベル・セカンドレベル・サードレベルの講師として、佐賀県・山口県・東京都の看護協会、国際医療福祉大学大学院看護生涯学習センター(東京青山・福岡)へ出講している。
開催日程
福岡地区
2018年11月3日(土・祝)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室(第7岡部ビル)
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数16人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 今どきの若者に限らず、中堅以上のスタッフの中にも「主体性が低く個人プレイが多い」「何度もアドバイスや注意をしても行動を変えない」「話がまったく通じない」「気持ちの浮き沈みが激しい=メンタルが弱い」など、さまざまなタイプがいるようです。本セミナーでは、職場に適応しにくい“違和感のある人”に、管理者・指導者として、または組織全体として、どのように対応・支援するのか、経験豊富な講師によるスキルと実践例を基に解説します。

さまざまなタイプ(癖がある)の人と
上手に付き合う方法がわかる!


プログラム

1.管理者・指導者を悩ますスタッフへの
  適切な対応と協力体制づくり

 1)現場に適応できていないスタッフを見極めるポイント
 2)孤立しているスタッフをチームに巻き込むための支援と環境づくり
 3)医療従事者のストレス要因に気づき適切に対処・予防する
 4)管理者・指導者自身がアサーティブな考えや態度を身に付ける

2.【事例学習】
  こんなスタッフに遭遇したらどうする?
 Q1:コミュニケーションを図りづらい
    新人、中堅、ベテラン看護師
 Q2:メンタル面が弱く、ネガティブなことを
    考えてしまう今どきの看護師
 Q3:一般常識がない、または通じない新人看護師
 Q4:思い込みが強い人、自分の意見が
    間違っているのに押し通す中堅・ベテラン看護師
 Q5:何度も指導(注意)しても行動を
    変えようとしない(変えない)看護師
 Q6:プライドは高いが、根拠を持って動かず
    和(チーム)を乱す中堅・ベテラン看護師
 Q7:独自の看護観が強く、新しい取り組みを
    受け入れてくれないベテラン看護師
 Q8:部署全体をネガティブな雰囲気に変えてしまう
    主任、中堅・ベテラン看護師
 Q9:リーダーが病棟(チーム)を
    まとめている時に意見はするが
    動こうとしないスタッフ
 Q10:ほかの看護師を萎縮させてしまうベテラン看護師
 

3.まとめ・質疑応答

お客様の声
自らのスタッフへの対応について振り返るよい機会となった。
 今後の対応や自己課題が明確になった。
自分の機嫌で態度を変える先輩スタッフや上司から注意を受けても
 変化のないスタッフがいるので、改善策や対応策のヒントを知りたかった。
やる気のないスタッフのモチベーションを上げる方法が学べた。
話が分かりやすく実践を交えており、部下の指導者との関係に悩んでいたが、
 自分自身のかかわり方を変えてみようと思った。
明日から実践できるスキルについて事例を通して教えてもらえた。
 実践でどのようにかかわれるかワクワクする。
さまざまな知識を習得できることができ、
 自分なりの解決法を見いだすことができた。
教科書的なことだけではなく、実際の場面(ケース)からの講義だった。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「チームワーク(和)を乱す“違和感のある人”へのかかわり方」

 福岡地区: 
2018年11月3日(土・祝)


 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671