ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 14414-4】【仙台 14414-5】
 「人工呼吸器まるで分からない」でも大丈夫

指導講師

 
 
菅 広信
 秋田大学医学部附属病院 集中治療室2
 
院内教育担当兼任/集中ケア認定看護師

 2001年秋田大学医学部附属病院に就職。外科病棟勤務後、2004年より集中治療室勤務。2012年集中ケア認定看護師の資格取得。「イラストでわかる! ICUナースの生体侵襲ノート」(日総研出版)にて執筆。『重症集中ケア』に「イラストで分かる! 人工呼吸器のモード設定」を連載中(2016年4-5月号より)。急性期領域にやたらと多い横文字を身近なものにたとえた分かりやすい説明のしかたに定評がある。
開催日程
東京地区
2017年5月21日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

仙台地区
2017年10月21日(土)10:00〜16:00
会 場
ショーケー本館ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数16人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

呼吸部門の考え方や患者さんを担当したときに
 観察ポイントはどこか何を考えるのか
 とても勉強になった。


モードの説明が簡単でよかった。
 実際の看護のポイントや体験談が聞け、
 イメージしやすかった。


基本的だけどわかりにくいところを分かりやすい言葉で
 説明していただけてよかった。

身近なものにたとえ上手な講師の解説で「機械苦手なので…」を解消!

申し送りに出てきて、画面には出てこないCPAPっていったい何?
「コンプライアンス」「プラトー」やたらと多い横文字の意味するものは?
PC、PS、PEEP、圧の設定はなぜ何個もある?
グラフが動いているけど「呼吸してるねー」って以外に何が読み取れるの?


モード選択、変更の理由が分かればアセスメントできる!

プログラム

[第1歩]人工呼吸器が必要な人は何が不足しているの?
   ●いまさらだから押さえたい呼吸のしくみ
   ●呼吸不全になる原因
   ●患者さんは不安でいっぱい。せめて呼吸ぐらいは補ってあげよう

[第2歩]なぜこの換気モードが選択されているの?
  (1)A/C
  (2)VCV
  (3)PCV
  (4)SIMV
  (5)PSV
  (6)CPAP
   各モードはいったい何をしているモードなのか 
   ●このモードを選択している時の患者さんの状態

[第3歩]設定は適切? いま患者さんは息苦しくないの?
   フィジカルアセスメントとモニタリングデータの読み方

[第4歩]設定(値)を変更したときの意味は?
   医師の頭の中でねらっているもの
   「ちゃんと看てます!」と言える観察ポイント
   医師への報告をデキる伝え方にしよう

[第5歩]事例で学ぶ! 適切なアセスメントと対応ポイント
 
「こういうのあるある!」というピンチに陥りやすい事例を中心に解説します
 (1)
 
 
 
これから術後の患者さんがくるのに、
人工呼吸器が準備されてないなんて!
麻酔科医も主治医も忙しいしか言わない。
CEさんの電話もなんで切れるのぉー!
 (2)
 
 
患者さんの肺が左右ともに真っ白け。なんでこうなったの?
人工呼吸器を装着したけど、医師の右手にはなんで、
ARDSって書いた本を持ってるの!? これピンチなんじゃ?!
 (3)
 
 
 
 
せっかく、人工呼吸器から離脱できたのに、
患者さんが苦しそうにヒーヒー音を出しながら呼吸してる。
医師に「挿管するから人工呼吸器準備しといて」って言われた。
人工呼吸器は離脱したときのまんま。
これでいいわけないよね?どうしよう! など

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
“機械アレルギー”克服! 人工呼吸患者の適切なアセスメント

 東京地区: 
2017年5月21日(日) お申込はこちら

 仙台地区: 
2017年10月21日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671