ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【大阪 14416-3】【東京 14416-4】
実技演習  カテーテル・ポートを見て触って
 取り扱いの不安を解消!
 あいまいな知識を整理し、日頃の疑問を解決!

指導講師

 
 
四宮 聡
 箕面市立病院 チーム医療推進部 ICT/NST
 
ICT担当副部長/感染管理認定看護師

 箕面市立病院で手術室勤務後、感染管理認定看護師の資格を取得。その後、チーム医療推進部に異動。東京医療保健大学大学院感染制御学修士課程を修了し、現在に至る。
開催日程
大阪地区
2017年10月28日(土)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

東京地区
2017年12月9日(土)10:00〜16:00
会 場
飯田橋レインボービル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数13人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
参加者の声
実際にカテーテルに触れてみて理解できた。注意点などがわかりやすかった。
エビデンスのみではなく現状や応用した内容を知ることができた。
感染予防の観点、看護師目線で学べて大変参考になった。

ねらい
 本セミナーでは、血管内留置カテーテルを正しく管理するために必要な知識と対策について解説します。カテーテルの構造や特徴、注意点を理解していただいたうえで、日常の管理ポイントを中心に感染防止の視点から根拠のある正しい管理方法を身に付けていただくことをねらいとしています。ポートやPICCなどを見て触って実際に穿刺していただく時間を設けていますので、カテーテル・ポートの取り扱いに対する不安も解消していただけます。

プログラム

1.カテーテルの基礎知識を習得
  主なカテーテルの構造とその特徴
  グローションカテーテルって何?

2.消毒剤を理解
  各消毒薬の特徴と注意点 
  ガイドラインで推奨されている消毒薬は何?

3.カテーテルに関連した有害事象を理解
  静脈炎とは?
  静脈炎の原因と対策 
  輸液の内容にも目を向けよう!

4.末梢静脈カテーテル(PIV)の管理を理解
  挿入時からカテーテル交換までの管理ポイント
  消毒薬は何を使う?
  挿入部の管理は?

5.中心静脈カテーテル(CVC)の管理を理解
  挿入後のカテーテル管理のポイント 
  ドレッシング交換の頻度は?
  ガーゼは本当にダメなの?

.中心静脈(CV)ポート・
  末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)を理解

  留置中のトラブルとその対応
  パルシングフラッシュって何?

【実技演習】ポート・PICCを触って穿刺してみよう!

8.カテーテル管理を標準化するための輸液ライン回診
  ライン回診の実際とその効果


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「感染防止の視点で!血管内留置カテーテルの基礎と正しい管理の要点」

 大阪地区: 
2017年10月28日(土) お申込はこちら

 東京地区: 
2017年12月9日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671