ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 14443-1】
 【実技研修】周産期スタッフができる!

指導講師

 
 佐野知美
 C.A.P エステティシャン
 株式会社フランスビジン 代表


 2000年から2005年にかけてパリに5年半在住。その間にフランスのエステティシャン国家資格“C.A.P”および“CIDESCO インターナショナルエステティシャン”の資格を取得。パリの隠れ家サロンにて世界中のジェット・セッター(スーパー・セレブ)の施術を担当し、世界レベルの接遇を体得。パリコレのメイクを担当するなど、フランスのさまざまな美容ビジネスを経験する。その一方で、美容師国家資格を持ち、頭部に対する理解と学びは深い。現在、各種美容施設のコンサルティングや人材教育、化粧品のアドバイザーなど幅広いフィールドで活躍中。2015年には自身の化粧品を開発、販売を兼ねたサロンをオープンさせる。現在もブライダル、妊娠8週、27週と数多くの周産期女性を顧客に持ち、マタニティ・ライフを健康と美容の面から支える。
開催日程
東京地区
2017年1月19日(木)10:00〜16:00 平日開催
会 場
日総研 研修室
募集終了

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

フランス国家資格者のエステティシャンから
現場で行っている妊産婦へのケアを学ぶ


プログラム

1.妊娠・育児による妊産婦の頭痛・肩こり・疲労感を
  どのように軽減できるのか

2.実技で深める!
  周産期に助産師・看護師が行えるエステ手技

(1)アーム&ハンド
  まず手や腕から行います。
  心臓から遠いところをゆっくりと刺激しはじめることで、
  肩への緊張を取り除き、副交感神経に働きかけます。
  その時にこころがリラックスできる会話テクニックも伝授します。
   ハンドケアがもたらすコミュニケーション能力とマッサージ効果
   肌から伝わるエネルギー
   ハンドバス
   ハンドパック
   ハンドマッサージ

(2)デコルテ 
  産前産後も怠りなくデコルテをケアすることで、
  授乳から肩こり・頭痛の予防につながります。
   デコルテと頭痛、肩こりの関係性

(3)フェイシャル・ベーシック・スキンケア
  産後、育児疲れによる身体へのダメージは
  肩こり・頭痛だけではありません。
  肌も相当なダメージを受けています。
  毎日カンタンにできるお手入れのコツを実習します。
  「そうだったのか!」と妊産婦に喜ばれる手技を完全習得しましょう。

実技を行いますので持参してきてください。
フェイスタオル5枚 バスタオル3枚
腕をマッサージしますので、上はキャミソールかノースリーブを着て
きてください。下は動きやすい格好でお越しください(※更衣室あり)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「妊産婦の頭痛・肩こり・疲労感を軽減するマッサージ手技習得」

 東 京地区: 
2017年1月19日(木)
募集終了

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671