ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【岡山 14467-1】【東京 14467-2】
 やるべきことを具体的に!

指導講師

 
 
高口光子
 介護アドバイザー
 
介護老人保健施設「星のしずく」看介護部長
 理学療法士/介護支援専門員/介護福祉士

 高知医療学院を卒業後、理学療法士として福岡の病院に勤務するも、老人医療の現実と矛盾を知る。より生活に密着した介護を求め、特養ホームに介護職として勤務。介護部長、デイサービスセンター長、在宅部長を歴任した後、2002年4月に静岡の医療法人財団百葉の会、法人事務局企画教育推進室室長及び生活リハビリ推進室室長を兼務する傍ら介護アドバイザーとして全国を飛び回る毎日を送った。2006年に老健「鶴舞乃城」の立ち上げに携わり、翌年4月に看介護部長となる。2012年5月には新規の老健「星のしずく」の立ち上げに携わり看介護部長を兼任する。現場を守りながら若い運営スタッフやリーダー育成に取り組む一方で、講演、執筆活動、フェイスブック、NHKの番組への出演など、現場からの等身大の発言・提案で現場を変革させようと精力的に日々を送る。
開催日程
岡山地区
2017年5月10日(水)10:00〜16:00 平日開催
会 場
福武ジョリービル
お申込はこちら

東京地区
2017年6月20日(火)10:00〜16:00 平日開催
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 「虐待をしてはいけない」と当たり前のことを伝えるだけの教育では「虐待」はなくなりません。「虐待」が起こる背景には「虐待」が起こってしまう構図が見え隠れしています。そこで、本セミナーでは、病院・施設における指導的な立場にある「管理職・リーダー」を対象として、「虐待」が起こらない考え方と「虐待」を起こさせない職場に変えていく具体策を解説します。

見え隠れする虐待の芽に気づき,
起こさせない職場づくりを指導!


プログラム

1.高齢者に向けた虐待がなくならない背景
  ストレスについて
  潜在的な問題
  目に見える問題点

2.虐待における個人の問題と集団の問題
  個人に関わる背景
  集団(組織)から考えられる問題

3.不適切ケアから始まる負の連鎖
  不適切ケアとは
  身体拘束について
  虐待が顕在化してくる場面

4.虐待が起こらない「職場」とその作り方
  効果的な意味のあるカンファレンス
  リーダーシップについて
  形だけではない教育方法

5.【具体例を挙げて】
  虐待が起こってしまった時の
  施設・病院の対応の仕方

  虐待が起こってしまった時の対応方法を学ぶ

6.まとめ・質疑応答


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
管理職・リーダーのための
「虐待」を起こさせない職場に変えていく具体策

 岡山地区: 
2017年5月10日(水) お申込はこちら

 東京地区: 
2017年6月20日(火) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671