ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【大阪 14534-2】【福岡 14534-3】
 接遇大賞受賞のロープレ・ミニ演習!

指導講師

 
 
高橋啓子氏 接遇の伝道師
 一般社団法人看護&介護ひとづくり協会
 
理事長
 
病院・介護施設の接遇研修一筋40年で
 8万人以上を指導。

 
 
冨永和美
《第2回 接遇大賞受賞》
 特定非営利活動法人 フロレンス那須
 
認知症高齢者グループホーム 愛里須
 認知症高齢者グループホーム ソフィア 統括責任者
 法人の統括責任者として「利用者様の穏やかな表情が絶えない」現場づくりの陣頭指揮を執る。介護支援専門員・障害者相談支援専門員・社会福祉士・精神保健福祉士・認知症ケア上級専門士・上級認知症ケア指導管理士・認知症予防ファシリテーター1級等の資格を有し、栃木県認知症介護指導者、認知症ひもときシート講師として、広く研修指導に当たっている。
開催日程
大阪地区
2017年7月27日(木)10:00〜16:00 平日開催
会 場
田村駒ビル
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977

福岡地区
2017年8月24日(木)10:00〜16:00 平日開催
会 場
日総研 研修室(第7岡部ビル)
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数12人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

全職員に浸透させる取り組みの特色とねらい
(1) 敬語よりもていねい語。会話の最後に「ね、よ」を付ける。
(2) 出勤時に「基本の言葉20」を復唱し、ていねい語を癖付ける。
(3) 「言葉の添削」ツールで、乱れた会話を日常の中でチェック指導。
(4) 指導事例をもとに対応やセリフを統一化し、ロープレで浸透。


プログラム

1.高橋啓子の導入講義(10:00〜11:00)
   地域一番の接遇サービスを提供するには

2.全職員により良い介護接遇を根付かせる
  工夫・取り組み
(11:10〜16:00)
  
〜特定非営利活動法人 フロレンス那須の取り組みに学ぶ

 1)ていねいな言葉遣いに徹底して取り組む
   一見単純な取り組みが、利用者の穏やかな表情、
   スタッフの認知症ケアへのストレス軽減につながり好循環を生む

 (1)粘り強く応対マナーを組織に根付かせる
 (2)クレームゼロの対応(快を与える対応)
 (3)
ロープレ・ミニ演習
取り組み場面の実際
 2)利用者とよりよいコミュニケーションを取るスキル
 (1)聞き上手になる、利用者の感情を傷つけない対応
 (2)ポジショニング・タイミングで笑顔が生まれる
 (3)
ロープレ・ミニ演習
コミュニケーション場面の実際
 3)よくある介護場面での適切な言葉かけ・接し方
 (1)利用者をアセスメントする
 (2)認知症の利用者に対する言葉かけ・接し方
 (3)
ロープレ・ミニ演習
場面別の声かけ・接し方の実際
 4)参加者のお困りの場面での対応を考える

※事前に、アドバイスを受けたい場面・事例をお送りください

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「ていねいな言葉遣い」で接遇マナー向上・定着を実現

 大阪地区: 
2017年7月27日(木)  
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977

 福岡地区: 
2017年8月24日(木) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671