ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【仙台 14537-9】
 「手術室における鎮静」「周術期せん妄」
 「薬剤の知識」などをわかりやすく解説!
 合併症のある患者の注意点・評価など現場ですぐに役立つ!

指導講師

 
 
わがつま
としひろ
 
  吾妻 俊弘

 東北大学大学院 医学系研究科
 
外科病態学講座 麻酔科学・周術期医学分野 助教
 日本麻酔科学会指導医

 1993年東北大学医学部卒業、1995年東北大学医学部附属病院麻酔科勤務(医員〈研修医〉)、以後 、東北大学病院を中心に関連病院に勤務。2003年7月東北大学大学院医学系研究科外科病態学講座麻酔科学・周術期医学分野助教、2013年4月教育担当主任、外来医長。看護師教育経験が豊富で教え上手と評判の講師。
開催日程
仙台地区
2018年5月26日(土)10:00〜16:00
会 場
ショーケー本館ビル
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数20人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 手術室に勤務する看護師にとって、担当するオペで、なぜその麻酔方法が選択されたのを理解することは大変重要です。そこを理解できていないとオペ中のバイタルサインを見逃すことにもつながり、急変処置の対応にも影響が出てくることもあります。
 そこで、本セミナーでは全身麻酔と区域麻酔の特徴と合併症を理解していただくことから、バイタルサインの変化を見逃さないポイント、そして輸液・輸血の基礎知識、各種モニターの知識について看護師教育経験豊富な麻酔科医の講師よりやさしく解説していきます。

オペ中に使用する薬剤についても詳しく解説します!
患者のバイタルサインの変化を見逃さない
ポイントを具体的に解説!


プログラム

1.全身麻酔
  麻酔器
  麻酔導入と維持の実際
  気道確保の方法
  悪性高熱症

2.区域麻酔
  ●脊髄くも膜下麻酔
  硬膜外麻酔
  伝達麻酔(腕神経叢ブロック)

3.各種麻酔薬の基礎知識
  吸入麻酔
  静脈麻酔
  筋弛緩薬
  
オピオイド
  局所麻酔薬

4麻酔薬と麻酔技術の最新情報
  プロポフォールと標的濃度調節持続静注
  肺血栓塞栓のガイドライン
  虚血性心疾患を有する患者の非心臓手術のガイドライン

5.合併症を有する患者または特殊な状態の麻酔
  ●慢性閉塞性肺疾患(喘息を含む)
  高血圧
  糖尿病
  虚血性心疾患
  腎不全
 
 イレウス
  肥満
  鏡視下手術
  フルストマック(胃内容充満)
  妊婦の麻酔(帝王切開を含む)
  挿管困難が予測される患者
  ラテックスアレルギー ほか

6.輸液・輸血の基礎知識
  周手術期の体液管理の基本
  水電解質と糖代謝
  出血時の対応

7.各種モニターの基礎知識
  ●血圧
  心電図
  カプノメータ 
  パルスオキシメータ
  体温
 
 BISモニター
  筋弛緩モニター 
  中心静脈圧
  麻酔ガスモニター
  経食道心エコー
  肺動脈カテーテル
   (肺動脈圧,肺動脈楔入圧、心拍出量、混合静脈血酸素飽和度)

8.麻酔最新情報


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「現場で即使える麻酔管理の実践的知識」

 仙台地区: 
2018年5月26日(土)
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671