ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【仙台 14550-4】【名古屋 14550-5】
 実践ワークとグループワークでスキルアップ!
 一方向の「指導」から双方向の「コーチング型支援」へ!

指導講師

 
 
森山由希子
 社会医療法人母恋 天使病院 外来看護主任

日本糖尿病療養指導士・日本禁煙学会認定看護師・日本臨床コーチング研究会幹事・札幌フットケアサークル主宰、15年間余りの患者支援の実践でコーチングを活用し続けてきた患者指導のエキスパート
【講師からのメッセージ】以前の私は、得た知識を一生懸命患者に伝えようとしていました。…しかし、患者は変わりませんでした…。患者に行動を変えてもらうには、知識と情熱だけではなく、しっかりとした「指導技術」が必要です。コーチングのスキルを取り入れ、患者自身の力を引き出す為のコツを一緒に学びましょう!
開催日程
仙 台地区
2017年10月1日(日)10:00〜16:00
会 場
ショーケー本館ビル
開催中止

名古屋地区
2017年11月12日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数16人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

“一生懸命教えすぎない”患者支援!
「忙しい…」「時間がない…」
ちょっとしたスキルで患者指導が変わる!


プログラム

1.患者の力を引き出すために
  一生懸命教える
   →その場ではちゃんと行動できる
   →じゃあ、家に帰ったら…??
  患者指導の基本的な考え方
   〜看護を行なう手段としてのコーチング
  「あれ? あの患者さんどうしたんだろう…」
   そんな場面でのちょっとした関わり
  「教えるだけ」の指導から「患者が自分で答えを出す」指導へ!

2.すぐにできるコーチング【基本スキル】
  役に立つ4つのスキル
   「傾聴」「承認」「質問」「提案」
  本当の意味での「傾聴」とは?
   〜患者の本当の思いを引き出す方法
  褒められる→嬉しい→安心→自信→やる気が出る!
  事実をありのまま伝える
  質問は誰のために?
  「オープン質問」と「クローズ質問」・「過去質問」と「未来質問」
  効果的な提案のスキル

3.【実践ワーク】患者タイプ別の指導法
  〜タイプに合わせて効果的に!

  4つのタイプ分けを行なってみよう
   ・親分肌のコントローラー
   ・目立ちたがり屋のプロモーター
   ・冷静沈着なアナライザー
   ・人の「和」を大事にするサポーター

4.【実践ワーク】明日から使える!
  実際の事例で行なうコーチング

  HbA1cが下がらない患者が
   自分で食事療法の間違いに気付いた事例
  長年肥満で体重コントロールが必要な患者への支援の事例ほか

5.【グループワーク】
  ワールドカフェで楽しく事例を共有しよう!

  患者指導で困ったこと


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「患者自身の力を引き出す“teach”&“coach”の支援アプローチ」

 仙 台地区: 
2017年10月1日(日)
開催中止

 名古屋地区: 
2017年11月12日(日) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671