ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 14566-1】【大阪 14566-2】
 “ダブルチェック”で減らない確認ミスに効果

指導講師

 
 
堤 俊也
 株式会社ヒーリング・サポート
 
はるかぜ薬局 代表取締役/薬剤師
 元・日本ゲシュタルト療法学会 理事

 1986年、明治薬科大学薬学部薬剤学科を卒業。国立都城病院、国立熊本病院、旧厚生省薬務局、チェーン調剤薬局などを経て、はるかぜ薬局を開局。1992年より宗像恒次筑波大教授に師事しヘルスカウンセリングを学ぶ。2009年、NPO法人ゲシュタルトネットワークジャパンファシリテーター養成コース修了。近年はメディカルエラーの研究・研修で活躍中。日本薬剤師会、日本医療マネジメント学会、医療の質・安全学会、NPO法人ヘルスカウンセリング学会、日本ゲシュタルト療法学会などに所属。著書に『服薬指導にすぐ使えるカウンセリングテクニック』(薬業時報社)他がある。
開催日程
東京地区
2017年10月1日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

大阪地区
2017年11月19日(日)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数18人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

「エラーの瞬間、心の中で何が起きるか」がわかった!
ねらい
 現在のエラー対策は、ほとんど“システム”に対するものです。しかしヒヤリハットの発生要因は「確認を怠る」「思い込みで行動する」など、“人”にかかわる問題が多くを占めます。これに対し、ダブルチェックの追加で成果が上がらないことは、誰しも実感しているでしょう。エラーが起こる瞬間、「私たちの心の中」で何が起きるのか? 349件の検証事例をもとにスリップエラーやミステイクのしくみを解き明かし、「心のよそ見」「思い込み」の低減策(ヒューマン・トレーニング)を、体験型ワークで具体的にお伝えします。

「自分への気づき」を深めるワークでエラーを低減!

プログラム

1.ダブルチェックだけで確認ミスは減らない
 ―システムへの対策、その落とし穴と限界

2.うっかりエラーの瞬間、心の中で何が起きている?
 1)認知科学からみたエラーの3分類
 2)349事例にみるエラーの瞬間、6つの心理
 3)対策すべきは「心のよそ見」と「思い込み」

3.《実証》ヒューマン・トレーニングで
  エラーが減った!

4.《実践》「思い込み」「心のよそ見」
  防止トレーニング

 ―ヘルスカウンセリング技法、ゲシュタルト療法のワークを応用して
 【ワーク1】いま、ここ、自分に気づく
 【ワーク2】注意のフォーカスはどこに?
 【事例演習】気づきのシートを用いた対策


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「うっかりエラー防止対策 心のよそ見・思い込み低減トレーニング」

 東京地区: 
2017年10月1日(日) お申込はこちら

 大阪地区: 
2017年11月19日(日) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671