ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【岡山 14571-1】【東京 14571-2】【名古屋 14571-3】
 急性期領域の特殊性を考慮したケアポイント
 治療を優先しながらどのようなケアが可能か?
 考え方・実践ポイントを学ぶ!

指導講師

 
 
志村知子
 日本医科大学付属病院 看護部 主任看護師
 
皮膚・排泄ケア認定看護師
 急性・重症患者看護専門看護師

 1997年日本医科大学付属病院高度救命救急センター入職。2008年日本看護協会看護研修学校皮膚・排泄ケア学科修了。同年皮膚・排泄ケア認定看護師の資格取得。2012年東京慈恵会医科大学大学院医学研究科看護学専攻修士課程成人看護学分野修了。同年急性・重症患者看護専門看護師の資格取得。現在に至る。
開催日程
岡 山地区
2017年10月22日(日)10:00〜16:00
会 場
福武ジョリービル
お申込はこちら

東 京地区
2017年11月12日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

名古屋地区
2017年11月26日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

体位交換が困難な人にどのようなケアができるか?
ねらい
 重症患者への褥瘡・創傷管理では何ができるか?どこまで可能なのか?の現場の疑問点について具体策を示しながら解説していきます。

循環不全による皮膚損傷の発生リスクの高い人に
どんな対策ができるか? さまざまな疑問に答えます!


プログラム

1.創傷管理の基礎知識
 1)皮膚の構造と機能
 2)重症患者の皮膚の特徴
 3)創傷治癒メカニズム

2.圧迫関連創傷の管理
  (最新ガイドラインにみるエビデンス)

 褥瘡/医療関連機器圧迫創傷の予防的ケア
 1)発生メカニズム
 2)リスクアセスメント
 3)予防的ケア
   スキンケアの基本的な技術
   圧力・ずれ力のコントロール ほか
 褥瘡/医療関連機器圧迫創傷の治療的ケア
 1)創のアセスメント
 2)創処置の方法
 3)薬剤/創傷被覆材の選択
 4)栄養管理 ほか

3.スキン-テア(皮膚裂傷)
 1)クリティカルケア領域で遭遇するスキン-テア
   テープ剥離による皮膚障害
   高齢重症者に生じる裂傷
 2)スキン-テアの予防的・治療的ケア

4.IAD(失禁関連皮膚障害)
 1)クリティカルケア領域で遭遇するIAD
   ●便失禁による肛門周囲皮膚障害
 2)IADの予防的・治療的ケア


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「重症患者への褥瘡・創傷管理の具体策」

 岡 山地区: 
2017年10月22日(日) お申込はこちら

 東 京地区: 
2017年11月12日(日) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2017年11月26日(日) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671