ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 14573-1】【仙台 14573-2】【名古屋 14573-3】【札幌 14573-4】【大阪 14573-5】
 事例を用いて指導!
 記録委員、師長・主任・リーダー対象 演習を交えた実践研修

指導講師

 
 
中野由美子
 総合病院 聖隷浜松病院
 看護次長(副看護部長)

 1986年聖隷学園浜松衛生短期大学卒業。同年より聖隷浜松病院に勤務し,1992年主任看護婦(看護係長)。2003年より看護課長(看護師長)。電子カルテ導入と共にNNN(NANDA-NIC- NOC)導入に貢献した。2011〜2015年専従安全管理者(ジェネラルリスクマネジャー)を務める。2016年より現職。2004年より看護診断研究会(NDC)に所属,現在,同研究会副代表を務める。
開催日程
東 京地区
2017年10月22日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

仙 台地区
2017年11月4日(土)10:00〜16:00
会 場
ショーケー本館ビル
お申込はこちら

名古屋地区
2017年12月10日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

札 幌地区
2018年1月27日(土)10:00〜16:00
会 場
道特会館
お申込はこちら

大 阪地区
2018年2月25日(日)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数18人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 「アセスメントが難しい」「記録指導に自信がない」…看護過程や看護記録に関する指導の不安を和らげるセミナーです。現場で活躍されている講師ならではの考え方・アプローチは参加者の参考になることでしょう。演習なども交えながら、ご自身の再確認にもなることでしょう。

スタッフのアセスメント力・記録力を
高めるかかわりかた


プログラム

1.看護過程・看護記録に関する課題

2.現場で指導する看護過程・看護記録
 (アセスメント力、記録力を高めるかかわり)
  ●カンファレンスの場を用いた指導やOJT
  ●スタッフが体験したケースを用いて指導
   ・患者の要望が反映しているか(患者参画の看護計画)
   ・タイムリーに記録できるように
   ・「看護がつながる記録」となるように(ケアの継続性)
   ・配慮ある記録となるように(倫理的配慮)
   ・スタッフが自信の持てる指導法
   ・初心者への指導・中堅者への指導
   ・スタッフ間の格差を防止するために(質の保証)
   ・記録しやすい環境づくり
  聖隷浜松病院看護部での記録監査の実際
   (形式監査・質監査)

3.【事例を使って演習】
  経過記録、経時記録など、看護記録をクリティーク

4.
看護過程や看護記録に関する悩みを
共有・課題解決するための質疑応答

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「看護過程を記録する、指導するポイント」

 東 京地区: 
2017年10月22日(日) お申込はこちら

 仙 台地区: 
2017年11月4日(土) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2017年12月10日(日) お申込はこちら

 札 幌地区: 
2018年1月27日(土) お申込はこちら

 大 阪地区: 
2018年2月25日(日) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671