ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【札幌 14589-1】
 勉強を始める前に一緒に問題を解きながらポイントを押さえよう!

指導講師

 
 
五十嵐教行
 北海道総合福祉研究センター 理事長

 日本福祉大学社会福祉学部卒業。北星学園大学大学院修士課程修了。MSW,老健相談員,在宅介護支援センター長などを経て,北海道総合福祉研究センターを設立。老施協,社協など講演活動,組織への教育活動を精力的にこなし,今まで指導した人はのべ6万人を超える。試験委員の出題意図をとらえた受験指導の的確さが光る講師である。
開催日程
札幌地区
2017年7月30日(日)10:00〜17:00
会 場
道特会館
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※一般財団法人日本総合研究所 社会福祉士養成所の受講生・卒業生は
 会員料金で受講できます。

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数8人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

大きく立ちふさがる「あと数点の壁」を超える
問題の読み取り方を覚える!
ねらい
 国試に合格するためには、基礎的な知識をつけることが欠かせません。それと同時に問題を読み解く力をつけることで合格基準点を超えることができます。過去問は勉強のヒントが満載です。受験勉強が本格スタートするこの時期にどのように国試問題が作られ構成されているかを押さえておくと、その後の学習を効率的に進めることができます。あと数点の壁に泣いている方には特におすすめです。

受験者の解答傾向から学ぶ問題を解くコツ!

プログラム

1.第29回国試を徹底分析
 1)選択肢はどのように配置されている?
  ●戦意を喪失させる選択肢の組み合わせ
  ●正解選択肢はここに隠される
  ●よく出る項目に気をつけろ
  ●頭の中がまっ白になる問題
  ●解けなくても良い問題はこれだ

2.点数をアップする合格者の目のつけどころ
 1)理論系問題
  ●「  」や「  」
  ちょこっと難しい表現
  ●入れ替え問題 など
 2)制度系問題
  ●国・都道府県・市町村の役割
  ●似たようなものの整理
 3)引っ掛けによく使われる「あやしげワード」の見つけ方
  〜間違い選択肢はこのように作られる〜
   ・一律に ・最初に ・最も などまだまだある!!

3.過去問を使った問題の読み取り方トレーニング
  どこに気を付けて問題を解く?
  「答えがわかる」から「想像力を働かせる」へ
  試験委員の出題意図が分かると答えは見えてくる


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
社会福祉士・精神保健福祉士国試対策 解答ミスを誘う問題の
見分け方・正解の見つけ方【解き方トレーニング】

 札幌地区: 
2017年7月30日(日)  
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671