ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【大阪 14592-2】【東京 14592-3】
 何をどう書く? なぜ書かない? 書いてはいけない?
 記録委員・指導者の具体策

指導講師

 
 
市村尚子
 名古屋大学医学部附属病院
 
看護部長

 大学病院で16年間、看護記録に関する委員会に携わる。その経験を生かした看護記録の研修・指導・執筆を行い記録の達人として有名になる。2010年、認定看護管理者取得。2011年4月〜2015年3月まで、行政職に就き、2015年4月より現職。
開催日程
大阪地区
2017年12月17日(日)10:00〜17:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

東京地区
2018年1月27日(土)10:00〜17:00
会 場
全水道会館
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
臨床看護記録の現場によくある5つの悩みが解消!
①SOAPそれぞれに書くべき事の実践レベル理解
②漏れ、ダブりなく効率的に書くポイント
③患者・家族に見せられる記録を書くとは
④継続に必要な“患者が見える”書き方
⑤記録委員による勉強会や現場指導の方法


プログラム

1.看護記録は患者が見え、誰にもわかりやすく!
  活用できる情報にする

  SOAPの基本と上手に書くコツ
  書かなくて良いこと、書いてはダメなこと
  漏れやダブリをなくして効率的に書こう
  継続看護に活かせる“見える・つながる”記録 ほか

2.現場で悩む記録の困難ケース! 書き方のコツを学ぶ
  転倒・転落などインシデント時の記録
  危険行動があるときの記録
  急変・トラブル時の記録
  認知症・せん妄のある患者の記録 ほか

3.記録の学習会、部署での記録指導のコツ
  記録委員、主任、スタッフ同士
  …色々な記録の質向上のやり方

4.まとめ・質疑応答
  日頃の記録の悩みを達人に聞いてみよう!

記録指導の達人“市村尚子”に学ぶ!
関連商品のご案内
※上記申し込みボタンから本セミナーと
 一緒にご注文いただけます。
  増刷出来
“見える記録”を
書くコツ

B5判 192頁
定価 2,571円+税
詳しい内容はこちら
①全国の病院から院内研修や
 記録事例指導に引っ張りだこ!
②記録専門誌「臨床看護記録」で
 人気連載「見える記録の誌上添削塾」
 を6年間執筆中!
③重版を重ねる人気書籍
 「見える記録を書くコツ」の著者

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「見える看護記録“書き方”入門」

 大阪地区: 
2017年12月17日(日) お申込はこちら

 東京地区: 
2018年1月27日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671