ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 14610-1】【仙台 14610-2】
 いち早く対応! 新規加算・変更加算要件に
 具体的に! マイナス改定にどう備えるか

指導講師

 
 
橋谷 創
 スクナクリエイト 代表
 
社会保険労務士/介護福祉士

 北海道大学理学部卒業。医療法人の本部で、独自の階層別研修、人事制度を開発運営し、離職率を33%から5%に激減させた実績を持つ。介護の現場をクリエイティブなものにしたいという想いから、2016年に独立。次世代の介護職リーダーの育成、現場職員が喜んで働ける介護施設運営サポート、経営者の悩みを解消するコンサルティングを提供。開業社会保険労務士専門誌SR「介護職員処遇改善加算の29年度の変更点と提案ポイント」の執筆でも活躍。
開催日程
東京地区
2018年1月14日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

仙台地区
2018年1月21日(日)10:00〜16:00
会 場
ショーケー本館ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数13人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

人材確保、辞めさせない体制整備を!
ねらい
 平成30年度介護保険制度改正・報酬改定では、デイサービスは、前回改定同様、風当たりが強くなりそうです。特に機能訓練が行われていないデイサービスでは、基本報酬の減額案がでるなど、より締め付けが厳しくなることが考えられます。デイサービスは、どのように備え、体制を強化していけばよいのか、制度改正・報酬改定の内容を読み解き具体策を指導します。


プログラム

1.30年度介護保険制度改正・報酬改定と
  地域包括ケアシステムの深化

 1)地域包括ケアシステムにおけるデイサービスのあり方と方向性
 2)マイナス改定にどのように対応するのか

2.加算算定のポイントと正しい解釈
 1)算定要件変更になった加算の算定ポイント
 2)新規加算の算定ポイント

3.デイサービスの体制整備の具体策
 1)今後、何を強化すればよいのか
 2)人材の確保、辞めさせないためには
 3)人材の育成
 4)保険外サービスの導入

4.報酬改定に伴う実地指導対策
 1)間違いやすい落とし穴を正しく理解する
 2)返戻・返還になりやすい項目
   ―実際に返戻・返還になったケースとは
 3)実地指導で指摘されやすい事項と具体的対策


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「30年度改正・改定で生き残るデイサービスの体制強化策」

 東 京地区: 
2018年1月14日(日) お申込はこちら

 仙 台地区: 
2018年1月21日(日) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671