ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14645-1】【名古屋 14645-2】
 個人ワークで作成の道筋がよくわかり、
 添削指導・アドバイスが個別に受けられる!
 初心者に! 初歩から学び直したい人に!
 研究テーマの選び方から具体的な書き方まで

受講後の
到達目標
研究テーマを選ぶところから研究計画書の作成までの
道筋が理解でき、研究計画書が書けるようになる。
おすすめ
対象者
・研究に興味がある人、
 これから研究をはじめてみようと思っている方
・研究計画書作成に自信が無い方
・大学院進学を検討している方
・学生等への研究指導を行っている教員の皆さん など

指導講師

 
 
志村健一
 教育学博士・
 
東洋大学社会学部 教授

 ウィスコンシン大学ラクロス校大学院修士課程修了(理学修士)、フィールディング大学院大学教育学博士課程修了(グラウンデッド・セオリー専攻)。
 主著「ソーシャルワーク・リサーチの方法」(相川書房)、「事例研究・教育法−理論と実践力の向上を目指して」(川島書店)。
開催日程
東 京地区
2018年3月25日(日)10:00〜16:00
会 場
LMJ東京研修センター
お申込はこちら

名古屋地区
2018年4月28日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

つまずきやすいポイントを、具体的に解説!

プログラム

1.悩みどころを解決!研究計画書作成へのプロセス
 1)研究テーマの選び方
   研究として成り立つテーマとは
   オリジナリティをどう出すか〜先行研究との違いをどう出す
   テーマの絞り方〜「やりたい」研究か、「やりやすい」研究か
 2)研究を行う目的を整理する
   どうしてその研究を行うのか
   目的や狙いをどう表現するか
 3)研究デザインの検討
   目的に沿った進め方
   覚えておきたい研究デザインの種類と特徴
   どの方法を選択するか〜目的に合わせた研究方法の考え方
 4)研究のゴールをどこに設定するか
   ゴールまでの道筋をどう立てるか
   研究の流れをどう作るか
 5)文献の「集め方」「読み方」「活かし方」
   スムーズな文献検索の方法
   インターネット活用のポイント
   自身の研究へとつなげるための視点
 6)倫理的配慮の考え方

2.「論理的な」書き方のポイント
  〜どう表現し、どう構成してまとめるか

3.【個人ワーク&指導】研究計画書作成の実際
  文献検索
  研究計画書を書いてみる

  実際に研究計画書を作成していただきます。
  作成いただいた研究計画書は、講師がアドバイス、添削指導します。
  ご用意できる方は、研究計画書作成のためにノートPCをご持参ください
  (持参されない場合は、手書きで作成いただきます)。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「やさしく学ぶ研究計画書の作成」

 東 京地区: 
2018年3月25日(日) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2018年4月28日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671