ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14648-2】
 違いがわかる→ケア方法がわかる→早期対応できる!
 医師と看護師の両方からの視点で悩みを解決!

指導講師
 
たなか
ゆきこ
 
田中 志子


医療法人大誠会理事長
社会福祉法人久仁会理事長
群馬県認知症疾患医療センター
内田病院センター長
 平成3年 帝京大学医学部卒。平成21年3月、子育てと仕事を両立しながら医学博士取得。平成19年社会福祉法人久仁会を設立。平成23年医療法人大誠会を継承。認知症専門医として診療の傍ら全国各地で講演を行っている。現在は故郷 利根沼田に対して様々な活動を興している。主な著書に『楽になる認知症ケアのコツ(技術評論社)』他、多数。
※指導講師は戸谷幸佳氏から田中志子氏に変更しています。

 

小池京子氏 

内田病院 看護部
認知症看護認定看護師
 1998年医療法人大誠会内田病院入職。2017年認知症看護認定看護師資格取得。看護師になって20年間、病棟での認知症ケアにたずさわり、認知症サポートチームの一員として活動している。
開催日程
東京地区
2018年6月10日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
よくある困った状況に対応できる!
①認知症か、せん妄か、うつ症状かわからないときがある
②行っている治療・ケア・対応が間違っていないか不安
③患者との適切な関わり方を具体的に知りたい
④ご家族への対応が苦手で自信がない
※このようなことでお悩みの方が対象です


プログラム

1.まずは認知症を正しく知る
  病態・症状
  中核症状と行動・心理症状
  アセスメントのポイントとケアのコツ
  薬物治療の知識
  早期予測で悪化を防ぐ

2.認知症・せん妄・うつ症状の見分けがつかないと
  どうなるのか

  認知症とせん妄の違い
  認知症とうつ症状の違い
  間違った治療・ケア・対応がもたらす悪影響

3.【演習】患者とのかかわり方と療養環境の調整方法
  認知症患者にとって良い環境・悪い環境とは
  身体拘束をせずにケアするコツ
  言葉によるコミュニケーションが難しい時

4.よくある困った事例の対応方法を学ぶ!
  点滴やチューブ類を抜去してしまう患者さん
  「帰りたい」といって出ていこうとする患者さん
  ベットや車いすから立ち上がろうとして転倒する患者さん

5.ご家族へのケアの指導ポイントと説明の仕方

.まとめ・質疑応答
  〜現場での実践に向けて、疑問を解消する


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「高齢者の認知症ケアとせん妄・うつ症状との見分け方、家族へのケア」

 東京地区: 
2018年6月10日(日) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671