ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【大阪 14665-2】
 時短ナース・働き方改革への対応とアプローチ
 今、師長・主任に求められる判断と根拠

指導講師

 
 
根本康子
 佼成病院 看護部長

 1987年に杏林大学医学部付属看護専門学校を卒業し、杏林大学医学部付属病院に勤務。2013年に国際医療福祉大学大学院 医療経営専攻 医療経営管理分野修了。医療ビジネス経営学修士(h-MBA)取得。2014年に副看護部長に就任。2015年より佼成病院に看護部長として在籍出向中。
開催日程
大阪地区
2018年7月14日(土)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数17人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 入職間もない新人スタッフに「風邪引いたので一週間有休ください」と言われたら、皆さんどう対応していますか? 雇用・勤務形態、WLB、勤労・権利意識の変化で多様化する労務管理上の課題に対応していく必要があります。勧告、ガイドライン、基礎的な契約や法的知識とそれに基づく労働安全衛生の健全化という観点から、実際に起こり得るトラブル対応、各種基準や職場風土と課題意識、記録見直しの方策につなげる視点を学びます。

【まとめミニワーク】を交えて
ありがちな事例で実践的な判断力をつける


プログラム

1.今置かれている状況を把握しよう!
  〜看護管理者に求められるミッションと具体策

  労働資源分配・適正人員配置/具体的な達成目標の立て方
  各種ガイドラインと勧告、努力義務、加算要件

2.看護部長の目線で厳選! 労務管理の必須知識
  〜契約と規則の基礎を踏まえて

  雇用契約とWLB    
  労働形態/妊娠/産休と育休/
   パートタイム勤務と短時間労働/休暇申請
  募集/採用マネジメント
  解雇/退職マネジメント
  看護補助者・介護者との協業

3.コスト意識と法的根拠を持って病棟摩擦を減らそう!
  〜時間外労働を中心に

  超過勤務を減らす方策   
  労働基準法のポイント/労働時間管理と法的根拠
  夜勤72時間ルールと加算
  交代制勤務について/有休  
  就業規則との関係

4.病棟で起きた問題は誰にどう話をあげる?
  初動とフォローは?
  〜嫌がらせ・ハラスメントへの対応とアプローチ

  労働安全衛生法のポイント/ストレスマネジメント
  職場風土作りの基礎とパワハラ・セクハラへの対応
  クレーム等のトラブルを減らす目標立案 
  意識づけ・改善目標立案とアクション

5.何を見て指摘していますか!?
  看護記録と法律、院内周知を意識したポイント

  開示請求の例と訴訟等リスクの理解
  記録「不十分」「不適切」を見抜く観点
  患者家族の立場に立つ(共通言語化等)
  多職種協業を意識する(標準化等)


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「スタッフ&管理者も守る!
 【初歩から学ぶ】労務管理と記録のチェックポイント」

 大阪地区: 
2018年7月14日(土) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671