ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【大阪 14673-1】
 【動画で治療の実際】を学び、事例で看護師の役割を理解する!

指導講師

 
 
福島基弘
 倉敷中央病院 臨床検査技術部 副主任

 鳥取大学医学部保健学科(検査技術学専攻)卒業。2007年より倉敷中央病院臨床検査技術部生理検査室に勤務。臨床検査技師として、電気生理検査・アブレーション治療・ペースメーカー植込みなどの不整脈業務に従事。現在は、不整脈チームのコメディカルの責任者として臨床を中心に活動するかたわら学会発表なども精力的に行っている。
開催日程
大阪地区
2018年5月26日(土)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数13人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 頻脈の基礎知識、心電図の見方を押さえた上で、治療として行われることの多いアブレーション、突然死の予防のために使用されるICDについて理解を深めていただきます。医師・看護師をはじめとするチームで日々実践を行っている臨床検査技師が丁寧に解説します。基礎から学びたい方にお勧めのセミナーです。
セミナーの
特 色
代表的な頻脈、心電図判読の知識を身に付ける

アブレーション治療の流れ、
 合併症対応・看護師の役割を理解

ICDの特徴を理解し、
 植込み術中〜植込み後のケアのポイントを学ぶ


プログラム

1.不整脈の基礎知識
 1)心臓と刺激伝導系
 2)不整脈の種類
 3)頻脈性不整脈の起こる仕組みは?

2.頻脈性不整脈の心電図検査
 1)不整脈の心電図って何を見るの?
 2)心電図での不整脈の診断

3.頻脈性不整脈とアブレーション
 1)アブレーション適応の頻脈性不整脈
 2)アブレーションの手技と流れ【動画】
 3)合併症への対応を理解
 4)術前・術中・術後の看護師の役割
 5)ケーススタディ〜事例を通して看護師の役割を理解

4.頻脈性不整脈とICD(植込み型除細動器)
 1)ICD適応の頻脈性不整脈
 2)ICDで何ができるの?
 3)ICD植込み術中〜植込み後のケアを理解【動画】
 4)ケーススタディ〜事例を通してケアの実際を理解
 5)CRT・CRT-D についても理解


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「【基礎から学ぶ!】頻脈性不整脈・アブレーション・
 ICDの基礎理解と患者管理のポイント」

 大阪地区: 
2018年5月26日(土) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671