ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14708-1】【広島 14708-2】【名古屋 14708-3】【札幌 14708-4】
 全国から教員の聴講希望が絶えない人気授業に学ぶ
 日常生活行動に基づく支援・思考枠組みのエッセンス

指導講師

 
 
大久保暢子
 聖路加国際大学
 
基礎看護学・看護技術学 准教授

 三重大学医学部附属病院での勤務を経て、1998年聖路加看護大学看護学部卒業、2006年同大看護学研究科博士後期課程修了。2008年より現職。日本脳神経看護研究学会 関東支部会 副会長。日本看護技術学会理事。「日常生活行動からみるヘルスアセスメント」(日本看護協会出版会)編著。菱沼典子氏によって提唱された看護形態機能学に基づくヘルスアセスメント授業実践の第一人者。
開催日程
東 京地区
2018年8月5日(日)10:00〜16:00
会 場
飯田橋レインボービル
お申込はこちら

広 島地区
2018年8月25日(土)10:00〜16:00
会 場
RCC文化センター
お申込はこちら

名古屋地区
2018年9月23日(日・祝)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

札 幌地区
2018年10月6日(土)10:00〜16:00
会 場
道特会館
お申込はこちら
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数18人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

教材の適切活用、課題提示、発問など、
講義手順・演習支援のコツが具体的に学べる
ねらい
 在院日数短縮化が進み、包括ケア病棟や在宅領域で活躍する看護職育成に向けた動きが加速していますが、その上で益々求められるのはフィジカルアセスメントを援助技術に直結させる学習法です。日常生活ベースの形態機能学の発想と枠組みは、まさにその目的に適います。本セミナーは形態機能学に基づくヘルスアセスメントの授業を紐解き、特に身体的側面について「何を」「どのタイミングで」「どのように」教授するのか、根拠と実践に即して紹介します。

フィジカルアセスメントを援助技術につなげる
効果的な枠組みと学習支援のノウハウがわかる


プログラム

1.なぜ、形態機能学なのか?枠組みとしての優位性
  超高齢化社会における看護職への期待と役割
  情報収集とアセスメント枠組みとしての活用のしやすさ
  看護目標とケア立案のしやすさ

2.授業を成功させるために
  〜授業デザインの前提と学習支援

  学生のメンタリティの理解/ガイダンスと学習環境の整え方
  メモの取り方と指南
  教材の選択と活用・作題・ペア学習・GWラウンド・コメントの注意点
  学生の主体性を引き出すための工夫/個別学習支援の方法

3.「ヘルスアセスメント」
  授業・演習の進め方と指導エッセンス
  〜項目に沿った指導法・アセスメントまでの導き方

 a)「生きていることのアセスメント」
 b)「日常生活を支えるからだの機能のアセスメント」
 c)「日常生活行動とそれを遂行するためのからだの機能のアセスメント」
   「息をする」「動く」「食べる」
   「おしっこをする」「うんちをする」
   「コミュニケーションをとる」「眠る」「お風呂に入る」
   「子どもを生む」

※サブテキストとして活用しますので、
 「日常生活行動からみるヘルスアセスメント」(日本看護協会出版会)
 をお持ちの方はご持参ください。会場販売もございます。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「形態機能学に基づくヘルスアセスメント授業・演習の進め方と教授法」

 東 京地区: 
2018年8月5日(日) お申込はこちら

 広 島地区: 
2018年8月25日(土) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2018年9月23日(日・祝) お申込はこちら

 札 幌地区: 
2018年10月6日(土) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671