ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14732-1】【大阪 14732-2】【名古屋 14732-3】
 100本の動画で「気づき力」をトレーニング!
 嚥下機能検査画像と視診所見・頸部聴診所見を
 リンクさせて、ケアの注意点を学ぶ!

指導講師

 
 
松野頌平
 医療法人メディエフ寺嶋歯科医院 副院長
 
歯と口の機能支援センターみのお(TOCみのお)
 センター長
 医療的ケア児を地域で支える多職種勉強会(CLASS)
 Co-founder

 大阪大学卒業。歯学博士。2009年から大阪大学歯学部附属病院勤務。食道がん治療チームや脳卒中治療チームと連携し、急性期・回復期の嚥下障害マネジメントに従事。2014年から重症心身障害児者施設「四天王寺和らぎ苑」歯科科長。嚥下チームリーダーとして、重症心身障害児者の口腔機能障害、嚥下障害マネジメントに従事。2017年から現職。地域の特別支援学校の協力歯科医師を務め、「給食相談」という取り組みを行う。0歳の子どもから高齢者までの幅広い摂食嚥下診療を専門としており、特に重症心身障害児・医療的ケア児の食支援に力を入れている。
開催日程
東 京地区
2018年9月16日(日)10:00〜16:00
会 場
LMJ東京研修センター
お申込はこちら

大 阪地区
2019年1月13日(日)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

名古屋地区
2019年2月3日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 重症児医療現場での経験、エビデンスをもとにポイントを集約し、参考書を読むだけでは絶対に習得できない、『嚥下障害を視診、触診、聴診からイメージできる』ことを目指します。検査画像や実際の食支援風景などの動画で具体的なイメージを持つことにより、どのような状態の時に注意が必要なのか、どのようなケアをすれば誤嚥性肺炎のリスクを軽減できるのかなど根拠を持って考え、現場で実際に活かすことができます。
特 色
重症者(成人例)の動画も多数紹介!

VF、VEの映像と摂食時の児の様子を
同時で見ることができてわかりやすい!


プログラム

1.重症児の嚥下障害について絶対に知っておきたいこと
 1)摂食嚥下の正常像を正しく理解する
 2)どんな時に嚥下障害を疑う? 食事場面で診るべきポイント!
 3)対応力向上につながる! 嚥下障害をかみ砕いて理解する
 4)実際の嚥下障害について典型例から希少例まで幅広く知る

2.重症児の嚥下障害マネジメントについて
  多くの症例を提示しながら学ぶ

 1)食事介助時の注意!
   知らないうちに誤嚥のリスクを高めていませんか?
 2)誤嚥していても肺炎にならない症例、
   誤嚥性肺炎を繰り返す症例、その違いって?
 3)過緊張? 低緊張? ホントにその姿勢で大丈夫?
   ポジショニング設定の目安を知る
 4)誤嚥性肺炎のリスクを低下させるために明日からできること
 5)スタッフ教育に! チーム全体の口腔ケアをスキルアップさせよう!

3.嚥下機能から考える重症児の呼吸障害マネジメント
 1)気管切開、喉頭気管分離の適応について
 2)知っておきたい呼吸障害をかみ砕いて理解する

4.嚥下機能から考える重症児の消化管障害マネジメント
 1)経管栄養への移行の適応について
 2)知っておきたい消化管障害をかみ砕いて理解する
 3)知らないと危険?! 経鼻経管栄養の落とし穴

5.小児在宅医療における嚥下障害マネジメントの実際
 1)嚥下内視鏡検査・嚥下造影検査の適応とは
 2)地域での『よりよい食支援』、『多職種連携』を実現するための秘訣


参加者の声
基礎からしっかり学べた。(重症心身障害児者施設 看護師)
動画も取り入れていてわかりやすかった。(重症心身障害児者施設 看護師)
スライドの作り方がとても親切で、セミナー後に見直してもわかりやすい。
 実践的な内容が多く、根拠もわかりやすく教えていただき理解がとても深まった。
 視覚でわかる点が多く、とても有意義なセミナーで参加してよかった。
 (訪問看護ステーション 看護師)
高齢の重症心身障害者の症例があるところが良かったです。こういった勉強会では
 小児例しか取りあげられないこともあるので、参考になった。(療育病院 言語聴覚士)
VF,VEの画像、映像を多くてよかった。誤嚥について詳しく教えてもらえた。(歯科勤務)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「重症児・医療的ケア児の嚥下障害マネジメント」

 東 京地区: 
2018年9月16日(日) お申込はこちら

 大 阪地区: 
2019年1月13日(日) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2019年2月3日(日) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671