ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14734-1】【大阪 14734-2】
 BPSDが生じる前に! 安全で周囲に影響がないケアに変える
 今までの「どうして??」が
 「なるほど! 明日からやってみよう」に変わる!

指導講師

   飯山有紀
 学校法人 銀杏学園 熊本保健科学大学
 
看護学科 講師
 キャリア教育研修センター 認定看護師教育課程
 認知症看護分野 主任教員・脳卒中リハ看護分野
 専任教員 老人看護専門看護師
開催日程
東京地区
2018年11月4日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

大阪地区
2018年11月18日(日)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数16人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

豊富な事例と症例を提示
実践度抜群の目からウロコの
リアルケアと対応方法が学べます。
ねらい
 認知症を持つ患者さんとの関わり方、理解の仕方、ケアについてもっと正しくアセスメントをしてより良いケアができればと思っておられる方も多いのではないでしょうか?
 本セミナーは看護現場のナースを対象に基本的な認知症の理解から最新の情報、豊富な事例、症例を用いて、わかりやすくそして実践的なプログラムにより認知症ケアに困らないための知識や理解、考え方がしっかりわかり、具体的な対応の仕方が身につきます。今までの「どうして??」が「なるほど!明日からやってみよう」に変わるセミナーです。

認知症への考え方が明確になり
正しいアセスメントと関わり方がわかる


プログラム

1.何気ない日常のケアで
  症状を悪化させてはいませんか?

 【事例でわかる】BPSD(行動・心理症状)の悪化につながるケアの見直しとは
  認知症がある人への対応
  その家族への対応について

2.ケアをしやすくするための医療者側の対応とは
 【事例でわかる】患者さんの反応が変わる声がけと対応とは

3.アルツハイマー型認知症への深い理解
  特徴・症状の出現とそれに合わせたケア 
   ○物盗られ妄想の頻発と対応
   ○抑うつ(アパシー)の出現への対応
   ○おとなしいと問題視されない事VS廃用性症候群 
  行動・心理症状のアセスメント
  進行経過よる状態の変化のアセスメントと対応方法
  時間の経過に合わせたケアと寄り添い方

4.血管性認知症への深い理解
  特徴と様々な症状の理解
   ○四肢麻痺が残っていることによる転倒転落リスク回避
   ○嚥下障害などの後遺症への対応 
   ○血管障害と認知症による機能障害は別で考えよう
  症状のアセスメントと状態に合わせた上手いケア
  診断の根拠

5.レビー小体型認知症への深い理解
  特徴の理解 症状に合わせたケア
   ○見当識の変化 レベルのアセスメントと関わり方
   ○嫉妬妄想・錯視の上手い合わせ方
   ○レム睡眠障害とふらつき転倒転落
   ○パーキンソ症状や注意力・覚醒の変動  
  薬剤の過敏性 進行が早いことを踏まえたケア 
  進行経過よる状態の変化のアセスメントと対応方法
  時間の経過に合わせたケアと寄り添い方

6.前頭側頭型認知症
  特徴・症状の出現とそれに合わせたケア
   ○初期からのBPSD、脱抑制行動への関わり方
   ○うつと自発性低下の陰性症状が出現した時の対応

7.認知症への理解が浅い医師と
  うまく仕事をするためには

  看護師からの上手い働きかけ方とは

8.認知症の容態を予測する〜症状と環境の関係〜
  早期に身体抑制を解除するためには

9.認知症と間違えやすい状態と知識
  間違いやすい状態の知識
  せん妄との違いと区別方法
  二次的に生じている意識障害とは?

10.糖尿病や心疾患と認知症の関係
  最新 認知症と疾患との関係が次第に明らかになってきていることとは

11.認知症と薬剤の知識を深める
  日常気をつけておきたい服薬の基礎知識
  BPSDを緩和する薬、悪化させる場合について

12.まとめ


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「原因疾患別で基礎から理解する!
 正しい認知症患者のアセスメントの視点と対応法」

 東京地区: 
2018年11月4日(日) お申込はこちら

 大阪地区: 
2018年11月18日(日) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671