ホーム >日総研接遇大賞

接遇大賞記念講演

日総研 接遇大賞 2017年の応募受付は9月末迄で終了しました。
多数のご応募ありがとうございました。

 日総研グループでは創業以来、「人づくり」事業の柱として、接遇応対の教育研修に取り
組んでまいりました。接遇応対マナーの向上には、継続的な取り組みや組織風土作りが不可
欠です。そこで、接遇応対マナーのさらなる向上を目指した教育研修の実施・継続を推奨す
るために、「日総研・接遇大賞」を創設しました。他の模範となるような優れた接遇マナー・
応対サービスを実践している病院・介護施設・事業所や、その部署・委員会等を公募します。
 皆さまが苦心して実施されてきた取り組みを、ふるってご応募ください。応募が契機とな
って見直し・改善が進み、モチベーションアップや一体感につながれば幸いです。
 「接遇大賞」が皆様の現場に笑顔が生まれる一助になることを、心から願っております。

日総研 接遇大賞







 

応募期間
平成29年4月1日(土)〜9月30日(金) 発表:11月30日(木)
選考方法 選考・審査委員長の高橋啓子(理事長)が応募施設を視察訪問し、「笑顔で接遇」
の実践を拝見し担当者と面談します。その後、有識者による選考・審査委員会で
審査を行い決定します。受賞者数は5〜10法人・部署等を予定。
選考基準 1)他の模範となるような独自の取り組み・教育研修で「笑顔で接遇」を
  行っていること
2)その取り組みを継続的に行い、組織風土の醸成、内部コミュニケーション・
  チームワークの向上を進めていること。
3)患者・利用者・その家族の方、連携する他部門など、相手方の声を
  吸い上げて、接遇の向上や苦情・クレームの減少に生かしていること。
表彰式 来年2〜4月頃、全国2〜3地区で開催。表彰状・表彰楯・記念品を授与する。




 選考・審査委員会メンバー


新任の増澤医師には、診療部門を含めた
接遇マナーの選考・審査にご助力いただきます。

 

委員長
高橋 啓子 一般社団法人看護&介護ひとづくり協会 理事長
◎委員(敬称略・50音順)
池田 優子 高崎健康福祉大学保健医療学部看護学科 学科長・教授
篠田 道子 日本福祉大学 社会福祉学部 教授
高橋 弘枝 公益社団法人 大阪府看護協会 会長
新 任
増澤 浩一
公益財団法人筑波メディカルセンター
つくば総合健診センター診療科長・医学博士

 

水野 敬生 社会福祉法人一誠会特別養護老人ホーム偕楽園ホーム 施設長
宮子あずさ 看護学博士・著述家・看護師・東京女子医科大学 非常勤講師
  ◎事務局委員(会務幹事) 岸田良平 日総研グループ代表


現場での接遇応対の取り組みに関する情報をお寄せください。

接遇大賞にふさわしい活動をしている病院、介護施設・事業所等がありましたら、
ぜひお知らせください。優れた取り組みの情報提供をお待ちしております。



賛助会員としてご支援いただける法人・個人も募集しています。 接遇の取り組みに関する情報をお寄せください。


 


主な著書  
経歴

研修実績

主な研修テーマ

研修参加者の声

主な著書
 
接遇インストラクター 講師派遣

 

 


日総研グループ Copyright (C) 2003-2016 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671