受講生交流掲示板   各種ダウンロード用紙   模擬試験・対策セミナー

17期生の皆様へ (2017/11/10更新)

  一般養成コース17期生スクーリング第2回の日程はこちら

16期修了生の皆様へ (2017/10/18更新)

  社会福祉振興・試験センターへの皆様の修了証明書の発送を
完了したことをご報告いたします。

専門実践教育訓練給付金制度をご利用の17期生の皆様へ
(2017/9/22更新)

  第1回の申請に必要な「受講証明書」、「領収書」等の書類一式は、
平成29年9月30日にヤマト宅急便で発送します。
10月中旬になっても届かないという方は、事務局へご連絡を
お願いします。TEL 0800-888-5628

第30回国試を受験される方へ(2017/9/8更新)
9/7(木)から受験申込みが始まりました。
受付は,10/6(金)までです。
まだ,受験の手引きを取り寄せていない方は,お急ぎください。


第30回国試の概要が発表されました。
http://www.sssc.or.jp/shakai/gaiyou.html

試験日:平成30年2月4日(日)
受験申込期間:平成29年9月7日(木)〜10月6日(金)
受験手数料:15,440円(共通科目免除の方13,020円)
合格発表:平成30年3月15日(木)

なお,受験するためには,「受験の手引き」が必要です。

短期養成コース 1期生の皆様へ (2017/7/19更新)

  短期養成コース1期生スクーリング第3回の日程はこちら


 正 誤 表
『 社会福祉士養成標準テキスト 』正誤表はこちら
『オリエンテーションガイド 』正誤表はこちら

 

WEB学習塾の今後の予定

10/12 一般・17期生の方へ
 第4回レポートの書き方を公開
 WEB学習塾に,第4回レポート(2018/05/31締切)の
「レポートの書き方マニュアル」をアップしました。
 レポート作成にお役立てください。


後半戦の「専門科目」のアップが始まりました。

10/12
 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度【更新
日総研の受講生には,児童分野の方が少ないので,多くの方はなじみがない領域かもしれません。 しかし,高齢者や障害者福祉制度と違い,この領域の制度はそれほど大きく変化していません。そういう意味では,対策を取りやすい科目なので,しっかり勉強すれば,得点しやすい科目だと思います。 メイン教材と国試問題に取り組めば,必ず得点を稼ぐ科目になるはずです。 制度系科目は,理論系科目と違い,勉強すればその分が確実に得点力に変わるからです。 制度は知っているか知らないかの違いです。短期速習で効果が出るのは,間違いなく制度系科目です。 最後の方の科目は,制度系科目が並んでいますが,最初の方の科目よりも勉強時間をかけない傾向があります。それは得点を稼ぐためには実にもったいないことです。 ぜひしっかり取り組んでみてください。

10/19 就労支援サービス【更新
この科目は,出題が4問しかないので,「更生保護制度」の4問と合わせて,1群となります。8問のうち,1問以上正解すればよいことになります。 しかし,覚えなければならないものは少ないので,しっかり勉強すれば,1点どころか,3〜4点も可能です。2科目合わせて6〜8点にもなります。 しかもこの科目は,「社会理論と社会システム」や「障害者に対する支援と障害者自立支援制度」など,複数の科目と重なっている部分もあり,この科目をしっかり学ぶことで,関連科目も同時に学ぶことができます。 別な言い方をすれば,この科目だけのオリジナル領域はほとんどないと言えます。 地味な科目ですが,こういった科目でしっかり得点することは,合格のために極めて重要です。

10/26 更生保護制度 【更新
この科目は,現行カリキュラムになって加わった科目です。「司法福祉」という専門領域はありますが,司法(法務省)領域に福祉が関わることは少なかったと思います。 しかし現在は,刑務所へのソーシャルワーカー配置,医療観察法の社会復帰調整官(任用資格の一つが社会福祉士)など,司法領域での活躍の場が広がってきています。 多くの人にとってあまりなじみのない領域かもしれません。しかし覚えるべき法制度は,基本的に「更生保護法」と「医療観察法」の2つしかありません。社会福祉士の19の試験科目うち,最も覚える領域が狭いのがこの科目です。 4問しか出題されないために目を向けることが少ないかもしれませんが,最も効率的に実力をつけられる科目の筆頭に位置づけることができます。こういった科目でしっかり得点することが,合格をつかむことにつながります。 これで19科目がすべてそろいました。ぜひ存分にご活用いただき,合格をつかみ取りましょう!!


パソコン入力用の用紙がダウンロードできます。
実習計画書(Word用)(16K)
実習日誌(Word用)(24K)
実習報告書(Word用)(20K)
課題レポート用紙はこちら








「専門実践教育訓練講座」に厚生労働大臣より指定を受けました。
指定番号:73018-151001-0

専門実践教育訓練明示書 (PDF392kb)

本制度は、厚生労働省・都道府県労働局・ハローワークによる給付制度です。
申請は各自でお願いいたします。当養成所では手続きの代行は致しません。


 

相談援助実習施設の募集

  当養成所では、多様な社会ニーズ応えることのできる社会福祉士を養成するために、
様々な事業所で実習を行っています。 ※相談援助実習の受入ができる施設の要件
実習施設として、ご協力いただける方は下記までご一報ください。
 

 
 
 
 サイトマップ

 
受講生交流掲示板 入学希望の方へ よくある質問
WEB学習塾 募集要項ダウンロード 一般養成コースについて
課題レポートネットシステム登録 出願書類ダウンロード 短期養成コースについて
課題レポート作成・提出・評価確認 資料請求 卒業生の声
 

 

 
日総研グループ

Copyright(C)2017 nissoken. All Rights Reserved.

本サイトはベリサイン社の
認証を受けSSL暗号化通信
に対応しています。