ホーム > 通信教育 > 観察力・記録力【状況別・症例別】文例学習


2〜4ヵ月修了コース お申し込み

商品番号7900080


観察力・記録力【状況別・症例別】文例学習


 


介護記録の書き方講座
会員制・定期刊行物の年きめ購読者は3,000円off。
※通信教育受講生は、日総研セミナーに会員料金で受講できます。(有効期限1年)
※テキスト『状況別・症状別介護記録の書き方マスター』をすでに購入されている方は,
 受講料を3,048円+税分を割り引きます。

テキスト執筆・添削指導講師
介護記録の書き方講座

津田祐子
四国大学短期大学部 人間健康科介護福祉専攻 教授
NPO法人徳島県介護支援専門員協会 副理事長
看護師/介護支援専門員

看取り期や夜勤時など状況に応じた観察と記録記載の
ポイントを具体的に指導します。

 1994年より介護記録の研究に着手し、1996年からはオリジナルなケアプランの開発に臨む。現場の実態にフィットした「津田式ケアプラン」を開発し、2002年度創意工夫功労者として文部科学省から表彰を受ける。
 ケアプランを追求してきたことで、介護記録の目的や書き方の課題、記載すべき内容が明らかになり著書や研究論文に著す。2002年には家族の立場に立って介護記録の開示に先駆的に取り組み、その結果、利用者・家族・施設の三者の視点で満足度の高い記録の見聞を得る。
 これまでの実践・研究の学びを伝えるため、全国各地で「介護記録」「ケアプラン」セミナー(日総研主催)の講師を務め現場経験に基づいた具体的・実践的な内容で、セミナー参加者・読者から大きな評価と「達人」の称号を得ている。

●利用者との対話も増えるスタッフもやりがいを感じる介護記録を!
●講師のホームページはこちら


本コースの特徴
 ●介護記録の達人・津田氏の添削指導で悩み・疑問解消!

 豊富な文例で観察と書き方の基本がよく分かる!

 異常・緊急時&認知症ケア、
  医療的ケア時の観察ポイントを解説!

 看取り期や事故時の記録の書き方も詳しく指導!


受講対象

 ●短期間で観察力と記録力を習得したい介護スタッフ
 観察のポイントや介護記録の書き方をスタッフに指導するリーダー

◆介護記録の基礎知識 

 ・介護記録の書き方超入門
 ・介護スタッフ・介護記録の役割
 ・介護現場での記録の種類
 ・根拠に基づいた介護記録
 ・施設ケアプランに沿った介護記録

◆介護記録の書き方 基本ルール17

 (1)客観的事実と主観的評価を区別する
 (2)課題の経過を追跡する
 (3)ケアプランの実践内容を書く
 (4)情報共有化の有効な手段として書く
 (5)利用者をとがめない 
 (6)利用者を代弁する
 (7)利用者のよいところを書く
 (8)感情の変化は肯定的に書く
 (9)比較・対照を明確にする
 (10)適切な敬語を使用する
 (11)私情を書く時の注意点
 (12)記号・暗号の入った記録を書く時の注意点
 (13)無駄な記録は書かない
 (14)支配的・命令的な表現はしない
 (15)利用者からの褒め言葉を書く
 (16)思ったこと・感じたことを書く
 (17)個人情報を書く時の注意点

状況別介護記録の書き方

 ・認知症高齢者の介護記録
 ・要介護度4・5の人の介護記録
 ・夜間巡視・睡眠時の介護記録
 ・食事場面の介護記録
 ・排泄場面の介護記録
 ・入浴場面の介護記録
 ・ターミナル期の介護記録
 ・介護事故,ヒヤリ・ハット時の介護記録

状況別・症状別 介護記録の書き方マニュアル【文例学習】

 ●食事
  食べられない物がある時 食べ物を残した時
  食事介助を変更した時  おやつ時 水分補給時
 ●排泄
  おむつ交換時 尿失禁時 便失禁時 便秘
 ●入浴
 ●移動・移乗
 ●体調
 ●血圧
 ●
 ●発熱
 ●与薬
 ●睡眠
 ●夜間巡視
 ●褥瘡
 ●口腔ケア
 ●医療的ケア
  
痰の吸引 経管栄養 導尿 
 ●異常・緊急時
  転倒・転落 誤嚥 呼吸困難 窒息 骨折 嘔吐
  頭痛 意識障害
 ●認知症
  記憶障害 見当識障害 実行機能障害 徘徊 弄便 放尿 
  収集癖 人物誤認 幻覚 妄想 暴言
 ●暴力
 ●利用者同士のトラブル
 ●危険な行動
 ●部屋移動
 ●面会
 ●
交流・対話
 ●リハビリテーション
 ●レクリエーション
 ●外出
 ●行事
 ●気分の変化
 ●更衣・おしゃれ



実践者ならではのきめ細かい質疑応答で、
記載における疑問解消はもちろん、
記録への向き合い方がわかります。


Q.=生徒の質問 A.=講師の解答)

Q. 看護記録と介護記録の違いは?また、どちらも敬語を使用したほうがいいでしょうか?

A. 看護師は利用者の健康管理を担い、診療の補助も行います。
看護記録は敬語で書く必要はないと思います。介護職は利用者の生活面を支えます。
優しく丁寧な介護が伝わる敬語で介護記録を書くことが望ましいと思います。


Q. 家族・知人の個人名を介護記録に書いたほうがいいでしょうか?

A. 家族の誰が記録を見るか分かりませんので、家族・知人の個人名は記載しないことを
お勧めします。家族内の確執があるやもしれず家族・親族の関係性を崩さないように
配慮しましょう。


Q. 看取り介護を行っており、定時に記録を行っています。同じ時簡帯ですと
同じ内容の記録になりますが、これで良いのでしょうか?

A. 施設ケアプランで「○時に○をする」と決まっているのであれば、それで良いと思います。
実践の報告が必要ですし、変化がなかったのが分かればモニタリングにもなるからです。


Q. 介護記録を書くのが苦手です。上達するコツを教えてください。

A. 上手だと思うスタッフの介護記録をよく読むことを第一にお勧めします。
また、読書の時間を増やすことで、論理的な文章の書き方がどのようなものか分かったり、
語彙が豊富になります。

 

状況別・症状別の書き方マニュアルを教材に豊富な文例で様々な場面での観察を学ぶ!

教材>
 本講座でお送りする教材は以下の通りです。

メインテキスト
 書籍『状況別・症状別介護記録の書き方マスター』(日総研出版)
課題(2単元分)
解答用紙(2単元分)
解答解説(2単元分)

※テキスト『状況別・症状別介護記録の書き方マスター』を
 別途購入されている方は,受講料を3,048円+税分を割り引きます。


●通信教育のテキストは御注文翌日に発送させていただきます。(土・日・祝・年末年始休暇(開講前)は除く)

受講の流れ



講座内容

・学習期間はスタートより総合問題の提出締切後90日迄です。
・学習内容についての質問は,課題の質問欄をお使い下さい。学習期間中随時受け付けます。
・教材が届いたら別紙送付内容を見て全て揃っているかご確認下さい。
・提出いただいた課題は、到着日の翌月末を目安にお返しします。
・当講座は総合問題で修了の認定を判定します。
・指導講師とのマンツーマンの質疑応答で、あなたに必要な知識が確実に身につきます。
・すぐに役立つ専門知識と実践ノウハウが自然に無理なく学べます。


※詳しい受講のしくみや学習要項が確認できます。


お申し込み

★この商品の内容に関するお問い合わせは広島デスク

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせはお客様センター

 

 


 
前のページへ戻る このページの最初へ
 
前のページへ戻る Copyright (C) 2003-2013 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671