隔月刊誌 訪問介護サービス/B5判 104頁 年5回発行 入会金 3,000円 年間購読料 14,700円(共に税込)

読者専用ダウンロードサイトはこちら



ダウンロード特典:食中毒の磯知識

最新号

2022 夏

特集

訪問介護の「書類」について考える

改めておさらいする

訪問介護事業所の運営で必要な「書類」「記録」

実地指導で問われる「書類」「記録」の注意点

計画作成・記録記載のポイント

ITツールをフル活用した
ホームヘルパーとの適切な情報共有

「信頼を得る」ための技術

〜相談援助技術の基本を学ぶ

介護記録を残す意義を考える

誰にも聞けないケアプランの読み方を学ぶ

特別企画

科学的介護情報システム(LIFE)の
推進をどうとらえる!?

〜介護現場の変革を迎えて

これからの訪問介護に求められることは何か

連載

介護食の作り方と献立

事務所運営に必須のICT導入・活用術

※内容は事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

読者の声

  • 介護報酬改定の際の情報が、すごく参考になりました。
  • 訪問介護の現場で実際に起こっていることが出ているので
    よいと思います。 訪問介護もいろいろ変わってきているので、
    とても参考になっていますよ。
  • 他の雑誌よりも詳しく書いてあって、専門的な情報が得られます。
  • サービス提供責任者の研修の材料に使ったりしています。
    帳票の書き方のテクニックだとか、ちょっとした時短の方法とか、
    みんなで回覧しています。
  • ケアマネジャーとの付き合い方が参考になった。
    制度改正の情報もタイムリーに得られるのが良い。
  • 実地指導の際に、書類の仕上げ方や法令遵守の部分で参考にでき、
    無事に乗り切ることができた。
  • 困ったホームヘルパーさんへの対応は面白く、勉強になりました。
  • 大きな福祉業界の流れとか、訪問介護事業の制度の変更など、
    そういった特集を組んで頂いているのでとても助かりますし、
    いろいろと勉強になります。

休刊のお知らせ

 本誌は訪問介護事業所のサービス提供責任者や管理者の皆さまの業務の質向上・業務負担を軽減するべく刊行してまいりましたが、様々な環境の変化から誌面での情報提供の継続が難しいと判断し、2022年5月(夏)号をもちまして休刊させていただきます。

 ご購読開始号によって、配本冊数とご購読料が異なります。