ホーム全国セミナー一覧を見る

 

【録画配信】オンデマンドセミナー

リアルな動画
を随所に交えて、
安全な手技・介助のスキルと
看護の根拠を学ぶ
消化器内視鏡における
検査・治療の必須知識と
看護ポイント
【COVID-19対策】


お申し込み期間 
Aコース 9月3日(木)募集終了
Bコース 12月13日(日)まで

 配信開始日
オンデマンド(録画配信)
Aコース:
 2020年9月15日(火)
      〜9月29日(火)
Bコース:
 2020年12月25日(金)
      〜1月8日(金)



お申込はこちら

※本セミナーは、
 講義時間計約4時間の
 録画配信(オンデマンド)です。
※お申し込みは上記お申し込み期間内に
 お願いします。その日を超過しますと
 視聴期間が短くなる可能性があります。
 受付最終日 Aコース:9/8(火)
       Bコース:12/20(日)
※PC/タブレット/スマートフォンなど
 インターネット環境が必要です。


※ご確認ください
オンデマンドセミナーの受講に
あたり


 ※対面型セミナーはこちらで
  ご案内しています。


 指導講師
あわ爺の「内視鏡愛」を伝えます!

  淡路誠一
前・熊本地域
医療センター

内視鏡検査部
消化器内視鏡技師
救急救命士/看護師


 1982年熊本地域医療センター開設オープンスタッフとして入職。2020年同センター退職、現在はフリーで活動中。内視鏡業務一筋約40年、30万件以上の介助を経験している。また、海外発表を含め、講演、執筆など多数あり、さらに内視鏡関連の教育ビデオを多数製作し、さまざまな賞を受賞している。日本消化器内視鏡技師会(名誉委員、評議員、学術委員)、九州消化器内視鏡技師会(前会長)、熊本県消化器内視鏡技師会(発起人、名誉顧問)内視鏡スキルアップ講座塾・塾長、そのほか内視鏡関連の団体において活躍中。


COVID-19感染症対策から熊本地震の経験による安全対策までを学べる!
大腸前処置の困難例の対策から検査中でのバイタルサインの変化、対応までがわかる!
デバイスの回転手技、留置スネアなどの裏ワザを動画で公開!


 プログラム

1.内視鏡室における
  新型コロナウイルス感染症
  (COVID-19)への対策と
  熊本地震から学ぶ
  内視鏡室の安全対策

2.上部・下部消化管内視鏡検査
  における看護

 1)検査前の観察とケアポイント
   〜問診、咽頭麻酔、セデーション、
    タイムアウトまで
 2)検査中の観察とケアポイント
   〜吃逆(しゃっくり)、
    曖気(げっぷ)の止め方など
 3)検査後の観察とケアポイント
   〜スキンテア、
    SBAR式病棟申し送り、
    リカバリー、帰宅基準

3.大腸内視鏡検査の手順と介助
 1)腸管洗浄液 
 2)用手圧迫法 
 3)点墨法 
 4)留置スネアの操作法

4.内視鏡治療における
  看護と手技・介助のコツ
 1)EMR・大腸ポリペクトミーの
   ポイントと上手に行うコツ
 2)緊急内視鏡
   〜吐血、下血時の注意点と介助法
 3)ESD
   〜各デバイスの取り扱い方から
    カウンタートラクション
    介助法まで

5.まとめ
  〜あわ爺から皆さまへ
   メッセージ



最新のトピックスを押さえ、
検査中のトラブル・
処置後の対応についても
実践レベルで習得!


 ねらい
 消化器疾患患者のケアを担当する看護師にとって、日常的に実施される内視鏡業務を理解することは不可欠です。本セミナーでは、卓越したスキルを持ち、「患者の不安を軽減するには、初対面時の笑顔とその後の雑談力による信頼関係が、安心安全な検査に導くこと」を提唱する第一線の講師が、知っておきたい消化器内視鏡の検査や治療における看護のポイントについて分かりやすく解説します。また、緊急企画として、「内視鏡室における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対策」と「熊本地震から学ぶ内視鏡室の安全対策」の一部分も紹介します。

 受講料
一般:12,000円 会員:9,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌
年きめ購読者です。
※一般財団法人日本総合研究所
社会福祉士養成所の受講生・卒業生は
会員料金で受講できます。  

※本セミナーはお申し込み者(ご本人)
 のみ視聴いただくものです。
 それ以外の方、複数の方での利用の
 場合は、それぞれお申し込みください。
 ご本人以外の視聴があったと
 判断される場合は
 配信を中断する場合もございます。



☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。(平日9時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象
 持参物品や今後の予定に関するお問合わせ
 fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら



Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.