ホーム全国セミナー一覧を見る

 

【録画配信】オンデマンドセミナー

コロナ禍でも現場で困らない!
周産期メンタルヘルスの必須知識と実践ポイント
産後うつなどリスク因子を
見極め、介入ポイントを明確に!


配信期間
2021年2月3日(水)10:00 〜
3月2日(火)20:00
講義時間
約4時間
申込締切
2021年2月12日(金)
※サービスチケットご利用の際は
1/15までにご投函ください。
※1/22以降は代金引き換え(ヤマト運輸)での
教材発送となります。
受講料
一般12,000円 会員9,000円
(1名につき・消費税込)
送付資料
テキスト1冊 事前郵送
その他
アドバンス助産師更新申請の
WHC研修(4時間)、
またはアドバンス助産師2022年更新要件
「選択研修」(4時間)に該当します。
本セミナーを受講された方には
受講修了証明書を発行いたします。
(申請要件の詳細は日本助産評価機構の
ホームページ参照

募集終了

※ご確認ください
オンデマンドセミナーの受講にあたり

【配信期間】
2月3日(水)10:00〜3月2日(火)20:00


ご入金の確認ができ次第、IDとパスワードを
送付いたします。 配信開始日以降、
こちらから入室してください。



 指導講師

  医学博士
宗田 聡

広尾レディース 院長
日本周産期メンタルヘルス
学会 評議員
茨城県立医療大学 客員教授
東京慈恵会医科大学 講師
(非常勤)


 日本産科婦人科学会認定医ならびに臨床遺伝学認定医・指導医。筑波大学産婦人科講師、タフツ大学(アメリカ・ボストン)遺伝医学教室留学、茨城県周産期センター長を経て、現在は女性の体とココロの両面から診療を行うクリニックの院長。著書に『これからはじめる周産期メンタルヘルス』(南山堂)、『EPDS活用ガイド』(南山堂)、『31歳からの子宮の教科書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

日本語版EPDSを手掛けた専門家が
現場の疑問を解消!
・問診で、どういう点に着目したらいいの?
・EPDSで高得点だったら産後うつ?
・授乳で抗うつ薬やめました…って
 言われたけれど。
・リスクがありそうな妊産婦さんに
 どうかかわればいいの?


 プログラム

1.周産期メンタルヘルスとは

2.周産期における
  精神疾患の特徴と症状

3.妊産褥婦の情報収集ポイント

4.周産期スタッフに
  求められる役割

5.ケースレポート
 対面式セミナーではグループワークを行っておりましたが、録画配信では、講師によるデモ講義を行います。
 画面を見ながら、実際に考えてみましょう。



 ねらい
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、周産期メンタルヘルスの支援が難しい状況になっています。本セミナーは、専門職として把握しておくべき知識、情報収集・サポートのポイントを整理します。現場の第一線で困らないために、どのように介入し、対応していけばよいのか、一緒に考えていきましょう。

 受講料
一般:12,000円 会員:9,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌
 年きめ購読者です。 

※本セミナーはお申し込み者(ご本人)
 のみ視聴いただくものです。
 それ以外の方、複数の方での利用の
 場合は、それぞれお申し込みください。
 ご本人以外の視聴があったと
 判断される場合は
 配信を中断する場合もございます。



☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。(平日9時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


 

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.