ホーム全国セミナー一覧を見る
 


 
商品番号 17079-1
  ハイリスク新生児の病態・治療とケア
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約4.5時間

 児の状態の観察ポイント・アセスメントとケアをしっかりマスター

指導講師

 
佐野博之
さの赤ちゃんこどもクリニック 院長
日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)
専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会N-CPRインストラクター

 大阪大学医学部卒業後、大阪大学医学部附属病院、りんくう総合医療センター市立泉佐野病院、大阪府立母子保健総合医療センター新生児科、愛染橋病院小児科副部長、淀川キリスト教病院小児科主任部長、母子センター長などを経て2020年夏に「さの赤ちゃんこどもクリニック」を開業。詳しく・丁寧でわかりやすい講義内容が人気の講師。

異常時の判断・対応・症状・モニター・治療の根拠が
動画・画像も用いてよくわかる!

プログラム

どのくらいで医師に報告するのか?
何のデータをみて異常と判断するのか?

1.新生児 異常・変化の早期発見と
  看護のポイント概要
  
〜日々の看護で、どこをどう観察するのか?
   児の見方とフィジカルアセスメント〜
まずはアセスメントの視点を詳しく実践的にマスター
子宮内から子宮外へ

 呼吸適応
 循環の適応
 体温調整の適応
 血液の生理
 栄養の適用
 新生児の消化器疾患
 黄疸処理の適応
 免疫系の適応
 内分泌機能の適応
 児に影響する母体疾患
 神経機能の適応
 頭蓋内疾患
 感覚器の適応

2.変化を見極めるためのバイタルサイン・
  モニタリング・検査値・画像の見方
  
〜波形と数値を病態や状態とつながて理解します〜
 ●モニタリングの基礎知識(ECG・呼吸) 
 検査・モニター所見の判読方法と原因の判断
 血液検査(血算・生化学・血液ガス)の異常値の原因/
  アシドーシス・グラム染色
 レントゲン画像の見方
 髄液検査
 心拍(頻脈・徐脈)
 呼吸・SpO2
 血圧
 体温(低体温・高体温)
 聴診法
 異常の発見と心電図の見方・対応 ほか

3.循環器系の病態と看護
  「実際の画像と事例を用いて解説」
  
〜循環器動態の理解と疾患〜
 ●動脈管から見た血行動/
  正常・PDAからの評価、動脈管開存症、一酸化窒素吸入療法
  上腸間膜動脈、腎動脈、PPHN
 新生児の循環器系フィジカルアセスメントの視点と循環動態
 心機能と臓器循環の仕組み
 心機能評価・血圧・脈・皮膚色・体温などのアセスメント
 新生児のおもな循環器疾患の解説
 実際の画像を用いた見方と解釈

4.呼吸器系の病態と看護「実際の画像・事例で解説」
 ●新生児の呼吸の仕組み
 ●新生児の呼吸障害/鼻翼呼吸・多呼吸・呻吟・陥没
 ●TTNB、CLD、母乳顆粒、MAS、肺出血、空気漏出症、
  気胸、肺低形成、横隔膜ヘルニア
 ●新生児の呼吸器系の理解と
  フィジカルアセスメントの方法とポイント
 ●新生児小児のおもな呼吸器疾患の解説
 ●異常と正常の見極め方の判断ポイントと看護
 ●呼吸回数、呼吸努力、換気量、上気道、下気道、サチュレーション
 ●十二指腸チューブの挿入位置と確認方法l、
  食道閉塞と口腔内分泌量

ねらい
 多くの症例経験を持つ講師から、ここだけは知っておいてもらいたい新生児ケアにおける異常早期発見のための観察の視点・病態や疾患の理解、そしてアセスメントやその対応ポイントなどケアや治療の根拠もしっかり学習できるセミナーです。
 このセミナーは実際の事例や画像をたくさん用いて、モニタリング・検査値の見方、循環器・呼吸器の正常と異常のしっかりとした見方とアセスメントと判断、そしてその結果からどういうケア・治療が必要になるのかを習得できるプログラムで構成されています。
 日常ケアをする中で、実際に起きている児の状態に対して現場ですぐに活かすことができる実践的なケアポイントを豊富に集めた、大人気セミナーです。
特 色
新生児のどのような症状の時に報告すればよいのか?
優先順位をやさしく理解


疾患・病態とエコー、レントゲン、バイタル、
検査値の関連付けでわかりやすい!


どのくらいで医師に報告するのか?
何のデータをみて異常と判断するのか?
視聴期間 2021年8月2日(月)10:00 〜 2021年8月16日(月)20:00
講義時間 約4.5時間
受講料 一般14,000円 会員11,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2021年7月28日(水)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
 送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
 代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
 ご入金確認後のご視聴になります。


募集終了


受講者の声
病態の説明だけでなく、臨床で何に注目すれば良いかが
 具体的でわかりやすかった。
今まで働いてきた要点が整理される様で、とても理解が深まりました。
当院は急性期の子は搬送になるのですが、
 知識の引出しはたくさん持っていた方がいいですし、
 なによりその子が今どんな状態なのかを見極めることが大事だと痛感し、
 先生の解りやすい講義で明日に生かしていきたいと思います。
 分かりやすい講義、ありがとうございました。
説明が聞き取りやすく内容が分かりやすかった。
新生児の色々な病変について幅広く知ることができたから。
新生児の観察ポイントがわかりやすかったため。
臨床でのケースも踏まえながら説明して下さったから理解しやすかった 。
正常で産まれた赤ちゃんの何がおかしいという時の異常を
 見極める選択肢が増えました。
今ままで行ってきたことの、振り返りができた。
疾患の勉強になった。すべて分かりやすかった。
看護のポイントで挙げられている点。
血液検査や、心電図等の検査、モニター所見の判読方法がよくわかりました。
新生児の呼吸状態について、よく目の当たりにする症例も多いので
 観察ポイントを知れてよかった。
心疾患のある新生児の管理も行なっている施設で働いているため、
 心臓の構造や心疾患について学ぶことができてよかった。
全てよかったです。
新生児の観察において全般的に参考になると思う。
レントゲン写真などの画像の見方がわかった。
呼吸障害について、よく勉強ができた。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜17時、日曜・祝日9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「ハイリスク新生児の病態・治療の理解と看護の重要ポイント」

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671